えっ?また!?驚異のデンマーク世界記録を2度更新/男子チームパシュート・2020世界選手権トラック・ドイツ

1st Round / Men's Team Pursuit / 2020 Track Cycling World Championships /スイス Switzerland/ ステファン・ビッセガー Stefan Bissegger, ロビン・フロイドボー Robin Froidevaux, クラウディオ・イムホフ Claudio Imhof, ルーカス・リュエッグ Lukas RUEGG

2月26日、ドイツ・ベルリンで『世界選手権トラック2020』男子チームパシュートの予選から1回戦が行われた。既に前の記事でお伝えしたように日本チーム(沢田桂太郎今村駿介窪木一茂近谷涼:いずれもチーム ブリヂストンサイクリング)が日本記録を約4秒更新する3分52秒956を記録したが、予選を突破することは出来ずに敗退。一方ワールドカップでコンスタントに好タイムを出してきたデンマークチームが、予選と1回戦で2回連続の世界新記録を出すという快挙を達成した。

チームパシュートのルール/勝ち上がり

1チーム4人で4kmを走る。チームの3人目がフィニッシュしたタイムがチームのタイムとなり順位が決定する。勝ちあがりは予選(トップ8チームが通過)→1回戦→メダル決定戦。今大会は予選と1回戦が初日に行われ、メダル決定戦が2日目に行われる予定。

大会開始前の世界記録

3分48秒012(オーストラリア)
2019年世界選手権にて樹立

Men's Team Pursuit Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

予選(出場13チーム)

出走7番目となったデンマークチーム(ハンセン/ヨハンセン/マドセン/ペデルセン)。最初の1kmを1分01秒334と、それまでの一番時計で幸先の良いスタートを切る。2km通過、3km通過とおよそ1kmあたり55秒のペースを乱さず進むデンマークチーム。

1st Round / Men's Team Pursuit / 2020 Track Cycling World Championships

残り4周となり最後の1kmに入ると観客が「もしかしたら」とざわつき始める。

1周、また1周と走るがペースは落ちず、最後の1kmも55秒台で走り切り、フィニッシュタイムはなんと3分46秒579。

1年前にオーストラリアが記録したタイムをおよそ2秒半上回り、世界新記録を樹立した。その後もオーストラリア、スイス、イタリアなどの強豪国が出走したがデンマークのタイムには届かず。デンマークがトップで通過し、2位にニュージーランド、3位にフランス、4位イタリアと続いた。

尚、日本チームは3分52秒956と日本新記録を樹立するも予選突破は叶わずに敗退となった。

男子チームパシュート予選リザルト(PDF)

1回戦(8チーム出場対戦方式)

TAGS