「どこが世界記録を塗り替えるか」に注目、日本は大舞台で日本記録の更新を目指す/世界選手権 見所紹介 part5 男子チームパシュート編

Qualifying / Men's Team Pursuit / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, 近谷涼 今村駿介 窪木一茂 沢田桂太郎

いよいよ2月26日から始まる『トラック世界選手権2020』。2019-20シーズンの締めくくりであり、この大会がオリンピック前の出場枠を決める戦いとして、そしてオリンピックの日本代表メンバー争いとして最終決戦となる。

More CADENCEではこの世界選手権を「日本の選手が出場するオリンピック種目」にフォーカスして、見所を全9シリーズで公開。今回はシリーズ5本目、男子チームパシュート編。

シリーズを最初から読む>世界選手権 見所紹介 part1 男子チームスプリント編

男子チームパシュート

現在の世界記録は、昨年2019年の世界選手権にてオーストラリアチームが記録した3:48.012。それを念頭に置き、今シーズンの結果を振り返ってみよう(各大会のメダル決定戦のタイム)。

トラックW杯
第1戦
1位3:50.207デンマーク
2位3:51.777フランス
3位3:51.689イタリア
トラックW杯
第2戦
1位3:49.246デンマーク
2位3:49.920イタリア
3位3:52.143フランス
トラックW杯
第3戦
1位3:51.984ドイツ
2位3:52.655ニュージーランド
3位3:55.851スイス
トラックW杯
第4戦
1位3:50.359スイス
2位3:52.412オーストラリア
3位3:50.712ニュージーランド
トラックW杯
第5戦
1位3:49.776オーストラリア
2位3:53.601ニュージーランド
3位3:50.495スイス
トラックW杯
第6戦
1位OVLフランス
2位OVLイタリア
3位4:00.945カナダ

※OVLはオーバーラップ(追い抜きをした)ことにより決着が付いたためタイムは出ない

日本チームの成績

第1戦出場なし
第2戦出場なし
第3戦7位3:57.852
第4戦7位3:56.287(日本記録樹立)
第5戦9位3:58.841
第6戦出場無し

世界記録「3:48.012」まであと一歩

TAGS