「天国・・・・じゃない、地獄へようこそ」ナショナル短距離チームの過酷な特訓/2020ニューカレドニア合宿 PART2

新田祐大

日本ナショナル短距離チームの合宿が、ニューカレドニアの首都ヌメアにて2020年1月3日から行われている。言葉も出ないほど・・・・本当に厳しい合宿である。

筆者は2018年に行われていたマイアミ合宿にも取材にいったが、開放的な雰囲気のリゾート地で楽しむ人々がいる中、そこでは真逆となる地獄の特訓が行われていた。

ヌメア ニューカレドニア合宿

今回も同じく「天国に一番近い場所」と呼ばれるニューカレドニアの地が、選手たちにとっては地獄となっていた。地獄の特訓がいかに厳しい物であるか、その様子を写真でお伝えする。

地獄オブ地獄の1日、ウェイトトレーニングから

この日は合宿中のトレーニング期間の中でも特に厳しい1日。朝9時前から、まずはウェイトトレーニングを行う選手たち。

新田祐大

ブノワコーチと垂直跳び勝負をする新田祐大選手

小林優香 ジェイソン・ニブレット

小林優香選手

新田祐大 脇本雄太

新田祐大選手&脇本雄太選手

太田りゆ

太田りゆ選手

河端朋之

河端朋之選手

誰もが普通の人には考えられない重量を上げている。
特に新田祐大選手は片足で310kgを上げるなど、超人ハルクとなっていた。

新田祐大

片足で310kgを持ち上げる・・・

新田祐大

この時点で常人ならば試合終了(そもそも普通の人に310kgは無理だが)、その日の午後はオフとなるところだろう。

深谷知広

腕の仕上がりを見せる深谷知広選手

しかし。

午後はトラックでのトレーニング。ブノワヘッドコーチとジェイソンコーチは更に選手たちを苦しめる。

ブノワ・ベトゥ ジェイソン・ニブレット

ブノワ・ベトゥ&ジェイソン・ニブレット

短いインターバルで走り続ける、過酷な午後

TAGS