競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

逆転劇の末オーストラリア(ウェルスフォード/マイヤー)優勝、日本9位/男子マディソン・2019-2020トラックワールドカップ第5戦オーストラリア

2019/12/16

Men's Madison / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia, Sam WELSFORD サム・ウェルスフォード Cameron MEYER キャメロン・マイヤー

オーストラリアで実施された「2019-2020トラックワールドカップ第5戦マディソン。男子種目には日本(チームブリヂストンサイクリング)から窪木一茂今村駿介のペアで出場、最終順位は9位となったものの、この3連戦の成果が見える走りとなった。

優勝はオセアニア対決を制した地元オーストラリアペア(ウェルスフォードマイヤー)となり、会場を最終日に最も盛り上げた種目となった。

マディソンのルール

2人1組となってポイントレースを行う“マディソン”。チーム内で交代をしながらレースを進めていき、獲得ポイントの合計が最も高かったチームが勝ちとなる。レースはトラック200周50km(男子種目)、トラック120周30km(女子種目)で争われる。

レースは序盤からニュージーランドとオーストラリアのオセアニア選手権で1、2を争う国同士が火花を散らす。

各ポイント周回に顔を出し少しずつポイントを獲得していくニュージーランドに対し、取る時は最大ポイントを獲得してニュージーランドを追うオーストラリアという展開。1周追い抜きをしたニュージーランドが大差でオーストラリアを突き放すが、終盤にはオーストラリアが息を吹き返して1周追い抜き、そしてポイントを量産する。

残り20周を切ると1ポイント差で両者の戦いは均衡するかと見えたが、最後にあった2回のポイント周回でニュージーランドと他のチームを圧倒したオーストラリア。最終的には盛り上がった会場の熱気に包まれてフィニッシュし、ニュージーランドを大きく突き放してこの種目の優勝を遂げた。

日本から出場したチームブリヂストンサイクリングの2人は序盤と終盤にポイントを獲得し、合計10ポイントを得て最終成績を9位とした。

表彰台は、1位に地元オーストラリア(76ポイント)、2位にニュージーランド(60ポイント)、3位にフランス(41ポイント)となった。

最終公式リザルト

窪木&今村コメント

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。