競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

【詳報】深谷知広が日本史上初の銀メダル&新田祐大銅メダルの偉業達成/男子スプリント・2019-2020トラックワールドカップ第4戦ニュージーランド

2019/12/09

深谷知広コメント

悔しい気持ちがあります。これまで勝ち越していた相手だったので自分のレースをするのが課題だったのですが、ちょっと今日は朝から落ち着きすぎている部分があって、レースでも考えてしまっていたので、今日の悪い部分が出てしまいました。

Q:初めての決勝進出ですが、手応えは?

もちろんステージは上がっていますが、勝たなければいけないレースでした。銀メダルで悔しい思いをするということは、しっかり成長出来ている証拠だとも思うので、次の世界選手権に向けてしっかりと練習したいです。

Q:日本記録の更新もありましたが、狙っていたタイムでしたか?

狙っているタイム自体はもっと上ですし、次はもっと満足の行くタイムで走れるように修正したいと思います。

新田祐大コメント

Q:まさかのスプリント種目でメダル獲得ですね!

ケイリンで負けて火が付いたという感じです。

Q:まだまだ走れそうですが?

まだ2セットくらい行けます(笑)!僕はエンジンが掛かり始めると掛かってしまうので、ここから1セットか2セットはいけます。ただ、最初はエンジンが掛からないんです(笑)

Q:体力に底は?

たくさん走れるのは回復が早いだけだと思います。今回メダルを獲ることは出来ましたが、ちょっと知っている人に見てもらったら素人感満載のレースだったのでは(笑)?今回は戦えるだけ戦って、あとは自己ベストを出すという気持ちだったのが良かったのかもしれません。でもケイリンでメダルを獲るべきところがスプリントになってしまったので、その点はあまり良くなかったです。

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。