松井宏佑がW杯デビュー戦でいきなりの銅メダル獲得/男子ケイリン・2019-2020トラックワールドカップ第1戦ベラルーシ

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

東欧ベラルーシ・ミンスクで開催の『2019-2020トラックワールドカップ第1戦』で、11月2日に男子ケイリン決勝が行われ、ワールドカップデビュー戦の松井宏佑が3位に入り銅メダルを獲得。世界チャンピオンのマティエス・ブフリ、ヨーロッパチャンピオンのハリー・ラブレイセンら世界のトップ選手が顔を揃えた決勝戦で、強気な走りをみせ、3位に食い込んだ。

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

松井宏佑コメント

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

レース前は優勝を目指すと言っていましたが、まさか銅メダルを獲得できると思っていませんでした。僕は初めてのワールドカップなので、失うものは何も無く、アピールできればと思って戦ったのが良い結果にへ繋がったのではないかと思います。

レース詳報:松井宏佑が銅メダル獲得、男子ケイリン詳報/2019-2020トラックワールドカップ第1戦ベラルーシ

男子ケイリン結果

優勝:ハリー・ラブレイセン(オランダ)
2位:デニス・ドミトリエフ(ロシア)
3位:松井宏佑(日本)

TAGS

Related Articles