鯉から竜に化けるのは誰だ?『第35回共同通信社杯競輪(GⅡ)』9月13日より開催!

共同通信社杯

2019年9月13日〜9月16日までの3日間、三重県の松阪競輪場にて『第35回共同通信社杯競輪(GⅡ)』が開催される。

若手はここからはばたいていく

昨年は清水裕友山崎賢人郡司浩平太田竜馬らが決勝進出。若手がここから名を馳せ、今ではビッグレース常連に。優勝はベテランの平原康多となったが、若手の登竜門とされるにふさわしい決勝となった。
鯉が滝を登り竜になる「登竜門」の由来のごとく若手が活躍するのか、それともベテラン勢が経験の差を見せるのか。今年も見所満載の4日間になること間違いなし!!

今年の開催地は松阪競輪場。周長400mの競輪場でみなし直線が61.5mと比較的長く、カントが周長400mバンクでは一番きつく捲りが決まりやすい。

注目選手

平原康多

平原康多からは目が離せない。昨年の共同通信社杯覇者であり、8月には西武園競輪場でのGⅢレースを得意の捲りで金星を挙げている。オールスター競輪でもドリームレースで2着と直近でも好調。今年も若手にとっての大きな壁となるのか。

村上博幸

ベテラン勢では7月のサマーナイトフェスティバルにて夜王となった村上博幸も要チェック。1月に今レースと同じ松阪競輪場でのGⅢレースでも完全優勝しており、バンクとも相性が良い。

今年の”夜王”は村上博幸!!/サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

渡邉一成

渡邉一成も若手に立ちはだかる。トラック競技で培った爆発力で捲りを得意とし、こちらもバンクとの相性良し。

清水裕友

連携がありそうなのは中国四国勢。昨年の共同通信社杯において決勝進出した清水裕友・太田竜馬、ビッグレース初優勝を目論む松浦悠士、デビュー1年余りだが勢いのある宮本隼輔が出走。

強豪のベテラン勢メインというより、新たな若手の台頭に期待したい今レース。新しい推しの選手を見つけてみるのも面白いかもしれない。将来活躍した時に「最初から目をつけていた」と自慢できるぞ。応援車券で選手のやる気を引き出そう。

関連記事:【初心者向け】インターネットで競輪の車券を買う方法

出場予定注目選手一覧

武田豊樹S級S班(茨城/88期)
平原康多S級S班(埼玉/87期)
浅井康太S級S班(三重/90期)
村上義弘S級S班(京都/73期)
村上博幸S級S班(京都/86期)
清水裕友S級S班(山口/105期)
佐藤慎太郎S級1班(福島/78期)
渡邉一成S級1班(福島/88期)
郡司浩平S級1班(神奈川/99期)
渡邉雄太S級1班(静岡/105期)
松浦悠士S級1班(広島/98期)
山崎賢人S級1班(長崎/111期)
中川誠一郎S級1班(熊本/85期)

そのほかの出場選手はKEIRIN.JPをご確認ください。

『第35回 共同通信社杯(GⅡ)』特設サイトはこちら

開催地『松阪競輪場』公式サイト
アクセスはこちら

TAGS