初心者、上級者、パラリンピックを目指す選手も参加 インターン生がレポートする『ガールズサマーキャンプ2019』第2ターム編

気になる選手にフォーカス Bグループ

ガールズサマーキャンプ

私(日比野)はBグループのスタッフとして参加。Bグループは中級者が主なメンバーで、年齢も中学~高校生が多くとても若くてキャピキャピしていました。私もまだまだ負けられん!( by20歳・大学生)

ガールズサマーキャンプ

その中でBグループの2人の選手に注目しました。

パラリンピックを目指して 藤井美穂(ふじいみほ)選手

ガールズサマーキャンプ

1人目は藤井美穂選手。

藤井選手は生まれて10日で片足をなくしましたが、20歳から自転車を始め、今年で5年目ながら優秀な成績(2018アジアパラ競技大会 自転車トラック競技3km、500mで銅メダルなど)を収めており、東京パラリンピックを目指している大変有望な選手です。

ガールズサマーキャンプ

ちなみに自転車を始める前は片足高跳びでアマチュアチャンピオンにもなったことがあるそうです。凄すぎる!

ガールズサマーキャンプ

休日はふらっと渋谷に行き、映画やショッピングを楽しむと言う大人の女性。でも練習中はとてもパワフルな走りを見せます。次の大会は10月とのこと。全力で応援しています!

宮崎の女子高生ライダー 松下さやかさん

ガールズサマーキャンプ

 

続いて注目した選手は現在高校二年生の松下さやかさん。彼女は今回初めての参加で、はるばる宮崎からやって来てくれました。個人的に彼女の乗っている自転車がとても好みです。

ガールズサマーキャンプ

友人の誘いで高校から自転車に乗り始めたと言う松下さん。その走りはしなやかでスッと風を切るような走り。

ガールズサマーキャンプ

一見クールな雰囲気の松下さんですが、料理や裁縫が好きなんだそう。そんなギャップも魅力的です。

ぜひともこのキャンプで何か掴んでほしいですね。次の大会は9月にあるようで、今後の活動に大変期待しています!

ちなみに雑談で好きなタイプを聞いたところ、スポーツをしている男子だそうです。

インターンを終えて

ガールズサマーキャンプ

最後に、このインターンを通じて自転車に乗せてもらったり、コーチに交じり参加者を間近でサポートしたり、とても濃い経験をさせていただき、競輪について深く知ることができて、このインターンにきてほんとによかったと思いました。

コーチの「想い」と参加者の「思い」 Cグループ

TAGS