梶原悠未 猛チャージも届かず準優勝/2019ジャパントラックカップII・ 女子オムニアム

梶原選手 インタビュー

女子マディソン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Q:やはり連日の疲れもありましたか?

そうですね。最初の2種目は体が重かったです。少しずつ身体も起きてきたのですが、優勝したブキャナン選手が強かったこともあり、最後は届きませんでした。でも切磋琢磨というか、ギリギリの戦いが出来たので楽しかったです。彼女とはワールドカップなどでも会うと思うので、また次ですね。

Q:僅差でしたが、点差は頭に入っていましたか?我々は点差を追うのに必死でしたが・・・・・

電光掲示板があればもっとやり易かったかもしれませんが、大体は把握していました。

Q:すごいですね。次の出場種目は?

また明日マディソンがあります。頑張ります!

ブキャナン・ラシュリー選手(ニュージーランド)インタビュー

女子マディソン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Q:2日続けての激戦でしたが、大変でしたか?

もう大変ですよ(笑)なかなか無い経験ですね。梶原選手はとても良い選手だし、注意を払っていた選手でした。今回はレースでは楽しむこと、そしていつもと違うことをいくつか試すことが目的でした。また、日本に来たのは初めてなので、日本を楽しむということも目的のひとつでした。

女子マディソン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Q:最後のポイントレースでは少しずつ差が縮まっていく展開でしたが?

彼女は凄く良いスプリンターですから、とにかく差を出来る限り縮められないように出来る限りのことをしました。ラッキーなことに逃げ切れるポイント差を持っていましたね。梶原選手はとても強い選手なので、その彼女に対して良い走りが出来たことは嬉しいです。

女子マディソン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Q:今回のレースはこれで終了ですか?

ですね。明日は伊豆をロングライドして楽しみます。来年のオリンピックには戻ってこれるように頑張りますよ!

TAGS