世界選の決勝再演!リー・ワイジー(李慧詩)がモートン下す/女子スプリント・2019ジャパントラックカップⅠ

決勝

女子スプリント / 2019ジャパントラックカップⅠ

リー・ワイジー

決勝戦は2019世界選手権の女子スプリントの再演となりリー・ワイジー(李慧詩)vsステファニー・モートンとなった。1本目、イン側にモートン、アウト側にリー・ワイジーの並びでスタート。1周目終了から両者ともにバンクを広く使って走行しつつスピードを上げていくが、前後の並びは変わらず。

残り1周、加速したリー・ワイジーがバックストレッチでモートンに外から並びかけ、内側でモートンが粘るも、そのままリー・ワイジーが先着となった。

2本目は、イン側にリー・ワイジー、アウト側がモートンでスタート。先頭のリー・ワイジーはゆっくりとしたペースで走行し、モートンは大きく車間を取ってその後ろを走行。たびたびバンクを上がって加速するなど牽制をするもリー・ワイジーは動かない。

残り1周、先に仕掛けたのはモートン。リー・ワイジーを一度は追い抜いて先行するが、3コーナーで再びリー・ワイジーが並びかけてくる。モートンは粘りきれず、最後は僅差でリー・ワイジーが勝負を制し、ストレートで勝利して女子スプリントの優勝者となった。

女子スプリント / 2019ジャパントラックカップⅠ

リー・ワイジ、ステファニー・モートン

尚、3位決定戦はマーシャン(イギリス)との勝負をクルペツカイテ(リトアニア)が制して表彰台へと上がった。

女子スプリント / 2019ジャパントラックカップⅠ

ケイティー・マーシャン、シモーナ・クルペツカイテ

最終結果

1リー・ワイジー(李慧詩)HKG
2ステファニー・モートンAUS
3シモーナ・クルペツカイテLTU
女子スプリント / 2019ジャパントラックカップⅠ

リー・ワイジー、ステファニー・モートン、シモーナ・クルペツカイテ

リー・ワイジー(李慧詩)

女子スプリント / 2019ジャパントラックカップⅠ

リー・ワイジー

Q:世界チャンピオンジャージを身に纏ってのレースはでしたか?

とても力強く感じますし、とても嬉しいです。これを着続けられるように努力しますし、オリンピックでも勝てるように頑張りたいです。今日は予選のタイムに満足していません。もうちょっとタイムを出したかったのですが、まだこのトラックでは2日しか乗り込んでいないので難しかったです。伊豆ベロドロームならばもう少し慣れているのですが・・・・

このバンクはコーナーを回るのが難しいですね。次のスプリントでは自己ベストを更新出来るようにしたいです。

女子スプリント / 2019ジャパントラックカップⅠ

リー・ワイジー

TAGS