日本で2つ目の板張り250mバンク『JKA250』落成式、日本代表が語る新バンクの感触

JKA250落成式

7月18日、日本競輪選手養成所(JIK)へ建てられた日本で2つ目の板張り250mバンク『JKA250』の落成式が行われた。

日本で2つ目・・・・・
1つ目は2020年東京オリンピック会場の伊豆ベロドローム。そして今回お披露目となった新バンクは伊豆ベロドロームのすぐ近く、日本競輪選手養成所内に建てられた。

JKA250落成式

JKA250落成式

うーん・・・・・

・・・・

・・・・

近すぎない??

どうしてここに??

ということで配られた資料には以下の説明が書かれていた。

1) 自転車競技の更なる振興、発展のため
2) 世界に通用する競輪選手を育成したい
3) 伊豆ベロドロームがオリンピック開催のための改修工事に入っており、選手候補生やナショナルチームの練習場所が無くなってしまう

この3点が大きな理由のようだ。

JKA250落成式

確かに伊豆ベロドロームは東京オリンピックへ向け、客席改修などの工事を行っているそうだ。それにしても、こんなに大きくて立派な“サブ”バンクを作ってしまう辺り・・・・日本の自転車界の本気を感じるぞ。

伊豆ベロドロームと新バンクの違いは?

ではでは、このバンクの特徴、伊豆ベロドロームと比べて何か異なる点はあるのだろうか?

JKA250落成式

筆者が見たところ、観客席が無いこと、競技場のバンクの内側(インフィールド)とバンクの段差が無いところが違いのようだ。

JKA250落成式

また伊豆ベロドロームはラルフ・シューマン(ドイツ)が手掛けたが、今回はピーター・ジュネック(カナダ)が作っている点も異なる。

JKA250落成式

日本代表が語る新バンクの感触

TAGS