【松戸・最終日 詳報】“競輪ダービー” 脇本が完全優勝!

共同記者会見でのインタビュー

脇本

おめでとうございます。

ありがとうございます。

今日のレースの組み立てはどのようにしようと思っていました?

とりあえず(最初は)前か中段かって考えていて、それもあって前で走っていました。

残り3周からの動きについて振り返ると?

誰も来なかったら自分から車間を開けて勝負を仕掛けようかなと思っていました。

最終周に入って、残り半周から清水選手と一緒に行きましたが?

清水裕友

清水裕友

清水選手を見ていたのではなくて、自分のタイミングとたまたま合っていただけです。
大きく外を回っても、自分なら残り一周だったら踏み切れる自信があったので。

ゴールした瞬間の気持ちは?

最終4コーナー回った時にはヒヤっとしましたけど、なんとかゴールを1着で駆け抜けることができて本当によかったと思っています。

GIでも最高峰のダービーでの優勝、どうですか。

去年も優勝したい気持ちで挑んで勝てなかったので、リベンジができてよかったなと思っています。(ナショナルチームで行っている)練習の成果が競輪にも出ていると思っているので、着実に成績を上げていきたいと思っています。

検車場

今年の後半の予定は?

ワールドカップや他の海外遠征との兼ね合いもあるのですが、斡旋がある限りは走りたいと思っています。

優勝賞金6千500万円の使い道は?

決めてはいないですが、競技に向けて何かプラスになることに使いたいです。
走るレース1戦1戦に取り組んでいくという気持ちには変わりはないです。来年の五輪までは突き進むことを決めているので止まることはないと思います。

最後に一言。

令和元年、最も格式のあるダービーで優勝することができて本当に嬉しく思います。日本の競輪で走る機会がどんどん少なくなっていますが、自分の中で1戦1戦しっかり頑張って競輪界を盛り上げていければと思っています。

脇本

 

TAGS