レースレポート

レースは最初に脇本が先導車の後ろとなるが、残り2周で脇本は8番手まで位置を下げる。残り1周半で渡邉、田中、深谷、そして8番手に脇本、脇本の後ろに古性と続いて最終周回へ。

脇本と深谷が同時にペースを上げるが、まずは深谷が田中のブロックで前に出れず。その間に大外から脇本が一気に上がってくると3コーナーでは2番手に。この時点で先頭に出ていた清水が粘るも、最終ストレートで脇本が清水をかわしてトップでフィニッシュラインへ駆け込んだ。

決勝ゴール

2着は清水裕友。3着には最終周回で内側からスルスルと上がってきた菅田壱道となった。レースの終盤に失速した深谷は9着でフィニッシュしている。

完全優勝を果たした脇本はこれでGIの通算優勝回数を3回とし、昨年の寛仁親王牌競輪に続いてのビッグタイトル戴冠となった。

「突き進むことを決めている」