【伊東・前検】昨年で学んだ黒船軍団の逆襲なるか!?グレーツァー&ブフリ&トルーマン直前インタビュー

第8回国際トラック競技支援競輪

4月25日~28日、伊東温泉競輪場で開催されるG3『国際自転車トラック競技支援競輪』へ、短期登録の外国人選手のマシュー・グレーツァー(オーストラリア)、マティエス・ブフリ(オランダ/BEAT Cycling Club)とジョセフ・トルーマン(イギリス)が出走予定。

直近の大宮では苦い結果だったジョセフ・トルーマンだが、去年の来日時に優勝した伊東のバンクで、再び良い結果を出せるか?はたまたケイリンの世界チャンピオン、マティエス・ブフリは先日の青森競輪では最終日こそ1着を逃したものの、初日&2日目は1着で勝ち上がっている。2018年のスプリント世界王者マシュー・グレーツァーは2年連続の出場で、今年こそ優勝を狙う。

第8回国際トラック競技支援競輪

マシュー・グレーツァー

第8回国際トラック競技支援競輪

ジョセフ・トルーマン

マティエス・ブフリ

外国人選手が出走できる唯一のグレードレース、本番を明日からに控えた3人へ今の調子をインタビューしてみた。

テオ・ボス&ジョセフ・トルーマン、シーズン初戦は苦い結果に/大宮F1

マティエス・ブフリ「世界選手権が100としたら今は80」

TAGS