ケイリン世界王者マティエス・ブフリ、テオ・ボスらBEAT Cycling Club JAPANを本格始動

Final / Men's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

テオ・ボス(BEAT Cycling Club)

2019トラック世界選手権大会1kmタイムトライアル銀メダルのテオ・ボス、同大会のケイリンで新田祐大を下し初優勝と遂げたマティエス・ブフリ、2018-19シーズンのワールドカップでは女子ケイリンで2勝を挙げたロリーヌ・ファンリーセンらが所属するプロチーム『BEAT Cycling Club』の日本支部(BEAT Cycling Club JAPAN)が活動を本格化させる。

Men's Keirin Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Matthjis Buchli

Theo Bos

Theo Bos

Laurine van Riessen (BEAT Cycling Club)

Laurine van Riessen

以前の記事はこちら
ボス、ブフリら日本拠点のBEAT Cycling Club JAPAN(ビート サイクリング クラブ ジャパン)を設立

3月25日には短期登録制度で来日する男子選手たちが揃い、東京都内で記者会見が予定されている。しかし、その前日の24日に、ボスとブフリがビデオレターをリリース。そこで設立の目的や今後の活動内容など詳しい事が語られるという。ビデオレターの中ではメンバーからの質問へ対し回答もされる。

BEAT Cycling Club JAPANは、テオ・ボスやマティエス・ブフリらトラック競技の世界最高レベル選手が持つノウハウで、日本発祥の「競輪」選手の強化を行い、日本の自転車文化を更に発展させることが目的だ。

BEAT Cycling Club JAPANは2018年にテストイベントとして、競輪選手へ向けたトレーニングキャンプを展開。2019年も同様のトレーニングキャンプを予定しているという。

また、チームからは女子選手としてロリーヌ・ファンリーセン(オランダ)も今年の短期登録制度でガールズケイリンを走る事が決定している。

BEAT Cycling Club JAPANのメンバーを含め、BEAT Cycling Clubのメンバーは全世界で2,000人いるBEAT Cycling Club。日本での今後の展開に期待しよう!

BEAT Cycling Club JAPAN 公式サイト

https://www.beatcyclingclub.jp

問い合わせ先:
japan@beatcycling.club

TAGS