日本(雨谷一樹/新田祐大/深谷知広)がW杯で7年ぶりの銀メダル獲得/男子チームスプリント・2018-19トラックワールドカップ第6戦・香港

Final / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

1月25日に香港で行われた『2018-19トラックワールドカップ第6戦』男子チームスプリントにて、日本チーム(雨谷一樹新田祐大深谷知広)が銀メダルを獲得。ワールドカップの男子チームスプリントにおけるメダル獲得は2012年以来、7年ぶり。

オリンピック出場枠へ重要な種目

『2018-19トラックワールドカップ第6戦』が香港で実施されている。大会2日目には男子チームスプリントが行われ、日本は雨谷一樹/新田祐大/深谷知広が出場した。今回のエントリーは全16チーム。ワールドカップ最終戦を迎え、ナショナルチームのトップメンバーを揃えて挑む日本チームにとって、是が非でもポイントを稼ぎたい種目だ。

この種目は3人1組でトラック3周を走り、フィニッシュタイムを競う競技。レースは予選(上位8チームが次のレースへ)→1回戦→決勝/メダル決定戦と最大3回まで走る。

予選

日本チームは予選の2番目に出走。

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

雨谷一樹

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

先に走ったオーストラリアチームが44秒343の記録を出しており、暫定トップを塗り替えるにはこの記録が目標となる。

カウントダウンの後スタートした日本チームは、最初の1周を雨谷が17秒840のタイムで走り、新田と交代する。

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

続く新田は30秒962のタイムで最終走者の深谷と交代。

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

最後は深谷が44秒495でフィニッシュし、僅差でオーストラリアには届かない結果となった。

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

その後は日本チームを上回るタイムで走るチームはなく、日本は予選を2位として1回戦へと駒を進めることに成功した。

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Qualifying / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

男子チームスプリント予選結果

1位)オーストラリア 44秒343
2位)日本      44秒495
3位)ロシア     44秒509

予選結果PDF

1回戦

TAGS