脇本爆走で自身3度目のアジアNo.1!河端も銅メダル/男子ケイリン・アジア選手権トラック2019

脇本雄太&河端朋之

1月10日にインドネシア・ジャカルタで行われた『アジア選手権トラック2019』男子ケイリン、出場した日本選手3人が揃って決勝へ進出。脇本雄太が金メダル、河端朋之が銅メダルを獲得した。

脇本の先行

レースはシャローム、河端、脇本、アングスタサウイット、アワン、新田の隊列でゆっくりとスピードを上げていき、残り3周を切るとペーサーが退避する。

Men's Elite Keirin Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

決勝メンバー

新田祐大
脇本雄太
河端朋之
アワン(マレーシア)
アングスタサウイット(タイ)
シャローム(マレーシア)

Men's Elite Keirin Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

スプリント勝負が開始された直後に脇本が動き出すと、その動きに合わせてアワンも位置を上げていく。

Men's Elite Keirin Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

Men's Elite Keirin Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

残り2周となって、脇本が先頭、後ろにシャローム、その後ろのインに河端、アウトにアワン、続いてアングスタサウイット、最後尾には新田といった位置付けとなる。

Men's Elite Keirin Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

Men's Elite Keirin Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

逃げ切りに成功

TAGS