日本勢は全員が決勝進出!新田祐大、河端朋之、脇本雄太で表彰台を独占か/男子ケイリン・アジア選手権トラック2019

2組:河端朋之

河端が出場した2組。アジズルハスニ・アワン(マレーシア)、アジア大会金メダルのジャイ・アングスタサウイット(タイ)などが相手となった。

Men's Elite Keirin Semi Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

残り3周時点でアワン、河端、4番手にアングスタサウイットの位置関係となり、そのまま1周様子を見ながら進む。残り2周を切ったところで河端が加速し、アワンを交わして先頭で残り1周へと入る。

Men's Elite Keirin Semi Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

河端の後ろにはアワン、そしてアングスタサウイットは5番手。そのまま河端が先行し、アワンが河端の後ろ、外からはアングスタサウイットが上がってくるが、河端がそのまま逃げ切って1着でフィニッシュ。2着にアワン、3着にアングスタサウイットが入り、河端が決勝進出を決めた。

Men's Elite Keirin Semi Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

Men's Elite Keirin Semi Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

準決勝リザルトPDF

この結果、決勝には日本人3人が揃って進出を決めた。

決勝メンバー

新田祐大
脇本雄太
河端朋之
アワン(マレーシア)
アングスタサウイット(タイ)
シャローム(マレーシア)

決勝や現在行われているレースの様子はインドネシア自転車連盟のFacebookページにてLIVE配信が予定されている。

TAGS