数字で振り返る、2018年のトラック競技トピックス

優勝オランダ

トラック競技における2018年のトピックスを数字で表現した記事が、UCI公式サイトで公開された。2018-2019シーズン真っ只中。オリンピック出場枠争いの行く末を占うためにも、2018年の出来事を振り返ってみよう。

2.

スイス・UCIワールドサイクリングセンターでは、2016年以来2度目の『UCIジュニアトラック世界選手権2018』が、UCI本部のあるスイス・UCIワールドサイクリングセンターで行われ、44カ国から330名の選手が参加した。

関連記事:意外性のある結果が多く出たレース種目/2018ジュニアトラック世界選手権

3.

Thomas Cornish

この大会でジュニア世界記録が破られた。

男子3km個人パーシュート(Lev Gonov ロシア 3’11”143)
女子500mタイムトライアル(Lea Sophie Friedrich ドイツ 33”922)
男子1kmタイムトライアル (Thomas Cornish オーストラリア 1’00”498)

関連記事:世界新が連発!1kmTTで1分フラット!?激アツのジュニアトラック世界選手権2018

48.007

9/13に行われたUCIアワーレコードにおいて、Vittoria Bussi(イタリア)が48.007kmで女子世界記録を更新。2年半もの間世界記録を保持していたEvelyn Stevens(アメリカ)がアグリスカリエンテ(メキシコ)での記録を27m上回っての世界記録更新であった。

6.

2018-2019シーズンのUCIトラックサイクリングワールドカップは全6戦から成る。

2018年に行われたサン・カンタン・アン・イヴリーヌ大会(フランス)、ミルトン大会(カナダ)、ベルリン大会(ドイツ)、ロンドン大会(イギリス)に続き,2019年1月にはケンブリッジ大会(ニュージーランド)、香港大会(中国)が開催される。

Matthew Glaetzer (AUS)

スプリント金メダル:Matthew Glaetzer (AUS)

そして”6″という数字はマシュー・グレーツァー(オーストラリア)がチームスプリントで金メダルを獲得した2012年から、6年ぶりにスプリントで金メダルを獲得し、世界チャンピオンへ返り咲いた数字でもある。

3’20”060

TAGS