リー・ワイジーが圧巻の連覇/2018-2019トラックワールドカップ第2戦・女子スプリント

1回戦(1/16決勝)

対戦形式で1本勝負となる1回戦、太田は予選5位で通過したリー・ワイジー(香港)と、小林はマーシャン・ケイティー(イギリス)と対戦。太田は先行するも残り半周の時点でリー・ワイジーに捕まり、そのまま追い越されてしまう。そのまま先着を許して1回戦敗退となった。

太田りゆ

太田りゆ

続く小林優香。小林も途中までは先行するも、残り半周でスピードに乗ったマーシャンに前に入られて敢え無く敗退。日本勢の2人は1回戦を勝ち上がることができなかった。

小林優香

小林優香

その後も戦いは続き、決勝は第1戦で優勝したリー・ワイジー(香港)、そしてドイツのヒンツェとなった。リー・ワイジーはモートン(オーストラリア)を下しての決勝進出。そしてヒンツェは欧州スプリントチャンピオンジャージを着るシュメレワ(ロシア)を下しての決勝進出を果たした。

決勝

TAGS