【1/3】「メダルは最低2つ」脇本雄太&深谷知広へ直前インタビュー/2018-2019トラックワールドカップ第1戦

脇本雄太

ついに開幕を迎えた、オリンピック出場枠を賭けた戦い。2018-2019トラックワールドカップ第1戦の開催地、フランスでは世界中からトップライダーが集結し調整を行っている。明日に控えたレースを前に、全日本選手権スプリント優勝の深谷知広、そして昨シーズンワールドカップ4戦で金メダル、最近では競輪のGⅠで2連勝と絶好調な脇本雄太へ直前インタビューを行った。

深谷知広インタビュー「予選タイムが大事」

深谷知広

2018-2019トラックワールドカップ第1戦出場予定種目:スプリント

Q:遂にオリンピックへの戦いが始まりますね

そうですね。戦いの準備ができてから初めてのワールドカップなので、楽しみですね。ここ最近は自分の成長を実感しているので、今どれだけ戦えるのかということを確かめたいです。

Q:成長はどの部分で実感していますか?

全てにおいてです。足りない物ばかりだったので。走行テクニックだったり、もちろんパワーも、コンディショニングも全てにおいて成長しているかなと。

去年は経験を積むだけというか、できるだけ多くのレースに参加してその場に慣れるっていうことが課題でした。今年からはその中でしっかり戦うという課題があるので、楽しみです。

Q:競輪のビッグレースへ欠場など、悩んだのでは?

走れないっていうのは競輪ファンの方たちには申し訳ありませんが、競輪の発展のためにも、自分たちが競技で結果を残すということは、凄い重要なことだと思います。かなり悩みました。でも、前回(ブノワジャパン以前の体制時代)、競技も競輪も疎かになったという自分の中の過去があって、その中でどっちを選択するのかという上で、今はしっかり競技に専念しようという風に考えました。

Q:スプリントに出場ですね。目標は?

1戦1戦、結果を出せるように頑張って、世界選手権にしっかりと出ないといけないですし、自分自身もスプリントを凄い重視しているので、その中で最低限は日本で1番という部分を確立できるように頑張りたいです。

Q:最近は本当にこう上がり調子というか・・・

全てにおいて成長したとは思うので、パワーも上がりましたし、助走のテクニックだったり、本当に全部がバシっ!と、あるタイミングで噛み合ったので、そこから自信を持つようになれたし、成長できたと思います。

Q:写真は相変わらずですね!

写真を撮りながら、良い気分転換になってますね(にこにこ)

深谷知広

Q:ファインダー越しに見える世界はどうですか?

なんか良いですね。どう表現したら良いのかなって。自分は目も悪く、ファインダーを覗いた方が綺麗に見えるので、その綺麗な世界を楽しんでます。

Q:今回のスプリントですが、戦いのポイントは?

予選のタイムが凄い重要になってくるので、日本記録更新を目指し、そして本戦をなるべく高い位置からスタートできるようにして、その中でしっかり自分のレースをして結果を出したいですね。頑張ります。

メダルは最低2つ

TAGS