この男、強すぎ!マティエス・ブフリ男子スプリント2連続優勝も勝因は「僕が知りたいくらい」/2018ジャパントラックカップⅡ

Matthjis Buchli (NDL)

7月8日に伊豆ベロドロームで行われた『2018ジャパントラックカップⅡ』男子スプリントはオランダのマティエス・ブフリが、ヨーロッパ王者のセバスチャン・ビジエを下し、Ⅰに続いての連続優勝を達成した。

関連記事:マティエス・ブフリが男子スプリント優勝、予選200mFTTでバンクレコードも更新/ジャパントラックカップⅠ

それでも9秒664

ブフリは7月6日の『2018ジャパントラックカップⅠ』予選の200m FTTで9秒656を出し、伊豆ベロドロームのバンクレコードを更新。今大会では9秒664と僅かに及ばないタイムながら、2位通過。

予選1位は9秒662のセバスチャン・ビジエ。

Sebastian Vigier (FRA)

Sebastian Vigier (FRA)

1/4決勝 VS イム・チェビン

1/4決勝は韓国のイム・チェビンと対戦。先行で逃げようとするイムを難なく後ろから喰らいつくす。

Matthjis Buchli (NDL)

Matthjis Buchli (NDL)

1/2決勝 VS 深谷知広

1/2決勝は日本の深谷知広がブフリと対戦。1kmTTのアジア王者・深谷の追走を振り切り、決勝進出を決めた。

Matthjis Buchli (NDL)

決勝はヨーロッパ王者と対戦

TAGS