脇本雄太が5年ぶりの日本新、日本勢全員が200mFTT自己ベスト/モスクワグランプリ2018・男子スプリント予選

脇本雄太

脇本雄太

ロシア・モスクワで開催中のUCIクラス1“モスクワグランプリ2018”、初日の5月30日に男子スプリント予選の200m FTTが行われた。日本からは脇本雄太渡邉一成河端朋之新田祐大深谷知広雨谷一樹の6名が出場、全員が自己ベストを更新する好スタートを切った。

予選1位は昨シーズンワールドカップ第4戦のスプリントで優勝したリトアニアのレンデルが9秒476。2位デニス・ドミトリエフ9秒493、3位シェーン・パーキンス9秒609とロシア勢が続いた。

日本人最高位はナショナルチームで出場の脇本雄太9秒634。2013年に中川誠一郎が高地で記録した9秒702の日本記録9秒702を5年ぶりに更新した。日本勢男子6名は全員9秒台のタイムを出す好調な滑り出しをみせた。

モスクワグランプリ2018 男子スプリント予選 200m FTT結果

順位名前チームタイム
1LENDEL Vasilijusリトアニア9.476
2DMITRIEV DenisGazprom-RusVelo9.493
3PERKINS Shane AlanGazprom-RusVelo9.609
4YAKUSHEVSKIY PavelLokosphinx9.624
5脇本雄太日本ナショナルチーム9.634
7渡邉一成JPC9.666
9河端朋之日本ナショナルチーム9.693
11深谷知広Dream Seeker9.733
13新田祐大Dream Seeker9.754
21雨谷一樹日本ナショナルチーム9.854

TAGS