渡邉一成がワールドクラスの戦いを制す・男子ケイリン/トラックパーティー2018 Spring

男子ケイリン

TRACK PARTY 2018

大盛況で幕を閉じたトラックパーティー2018 Spring、その結果と優勝者のコメントを一挙に紹介!まずは短距離編だ。

トラックパーティー2018 Springで行われた短距離種目は3つ。男子ケイリンと女子ケイリン、そして女子スプリント。

男子ケイリン渡邉一成が鮮やかな勝利

男子ケイリンは1日に3本と、タフさが要求されるプログラムであった。決勝では、トラック世界選手権2018銀の河端朋之、リオデジャネイロオリンピック銀のマティエス・ブフリ、トラック世界選手権2018スプリント金のマシュー・グレーツァーと、世界大会級のメンバーが揃った。

このハイレベルなレースを制したのは、日本の渡邉一成。渡邉は最後の半周で先行するブフリを追い抜き、見事に優勝を果たした。

男子ケイリン

自分との戦いであり、誰が相手でも勝つ、渡邉一成

男子ケイリン

早めに踏んで、あとはもう我慢するだけでした。4コーナーを回ったら前に誰もいなかったので、勝利を確信しました。

世界選手権では歯がゆい思いをし、4月はたくさん練習をして手ごたえを掴んだし、まあここで1発と思っていました。

ブノワコーチが常に言うのは「相手と走っているのではなく、自分と走っているのだ。自分との戦いであり、誰が相手でも勝つのだ。」そういうレースをすることができました。

(予選の200mタイムトライアルでは)自己記録を更新しましたし、根本的な脚力がついてきていると思います。

男子エリート ケイリン決勝結果

順位 ゼッケンNO. 選手名 チーム タイム
1  1  渡邉一成  JPC 10.596
2  2  河端朋之  Japan National Team
3  7  マシュー・グレーツァー オーストラリア
4  10  マティエス・ブフリ  BEAT Cycling Team
5  12  ジョセフ・トルーマン  イギリス
6  9  サム・ウェブスター  ニュージーランド
7  9  脇本雄太  JPC  10.596
8  4  トマシュ・バベク  チェコ
9  3  新田祐大  ドリームシーカー
10  6  雨谷一樹  Japan National Team
12  5  深谷知広  ドリームシーカー
12  11  テオ・ボス  BEAT Cycling Team

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

男子エリート ケイリン(ランダム)

順位 ゼッケンNO. 選手名 チーム タイム ポイント
1 1 1 渡邉一成 JPC 10.407 6
2 7 マシュー・グレーツァー オーストラリア 5
3 2 河端朋之 Japan National Team 4
4 3 新田祐大 ドリームシーカー 3
5 8 トマシュ・バベク チェコ 2
6 11 テオ・ボス BEAT Cycling Club 1
2 1 9 サム・ウェブスター ニュージーランド 10.365 6
2 10 マティエス・ブフリ BEAT Cycling Club 5
3 4 脇本雄太 JPC 4
4 12 ジョセフ・トルーマン イギリス 3
5 6 雨谷一樹 Japan National Team 2
6 1 深谷知広 ドリームシーカー 1

男子ケイリン タイムトライアル(TT)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

男子エリート ケイリン(TTチャンピオンシップ)

順位 ゼッケンNO. 選手名 チーム タイム ポイント
1 1 11 テオ・ボス BEAT Cycling Club 10.783 6
2 5 深谷知広 ドリームシーカー 5
3 3 新田祐大 ドリームシーカー 4
4 6 雨谷一樹 Japan National Team 3
5 8 トマシュ・バベク チェコ 2
6 4 脇本雄太 JPC 1
2 1 10 マティエス・ブフリ BEAT Cycling Club 10.493 6
2 1 渡邉一成 JPC 5
3 7 マシュー・グレーツァー オーストラリア 4
4 2 河端朋之 Japan National Team 3
5 12 ジョセフ・トルーマン イギリス 2
6 9 サム・ウェブスター ニュージーランド 1

Text : Mizuki Ida
Photo : Shutaro Mochizuki

TAGS