クリスティーナ・フォーゲルへ、激しめ似顔絵をプレゼントしてみた!

Kristina Vogel

このサイトでも既に取り上げているが、クリスティーナ・フォーゲルが2018年6月の事故により半身不随となり、引退を余儀なくされたことはご存知だろう。時は遡ることトラックワールドカップ3戦・ベルリン大会。

フォーゲルは再びトラックへ戻ってきた。多くの観客が彼女の姿へ歓声を送り、笑顔にパワーをもらった事だろう。

Kristina Vogel

Kristina Vogel

Kristina Vogel

この前日、我々は幸運にもフォーゲルへ独占インタビューの機会を得ていた。

しかし・・・

世界最強のスプリンターに会いに行くのに・・・・・・

彼女の人生を変えた事故後、初めて我々は会いに行くのに・・・・・・・・・

極東の地からわざわざ会いに行く、それだけでも彼女は喜んでくれるはず。だが、それだけで良いのだろうか・・・・・・

「少しでも、彼女を元気づけられる物を贈りたい」と悩みに悩んで考えていた。

我々は考えた。

「そうだ!JAPANESE似顔絵だ!」

ショッピングモールやレジャースポットでよく目にする、デフォルメ強めの似顔絵は日本ならでは感がある気がする。

ということで早速上手い似顔絵師を探した。

これかなあ、これかなあと探していると、良い感じのタッチで書いてくれる人を発見。

與儀裕(よぎ・ゆう)さん

彼は浅草寺の近くで描いている似顔絵師さん。早速インスタ経由でアポを取ると「良いですよ!」と二つ返事で答えが来た。

早速描きたい人の写真をくれとのことだったので、こちらから数点の参考画像を送り、あとは出来上がるのを待つのみ。

 

View this post on Instagram

 

No words needed!!!

Kristina Vogelさん(@kristina.vogel)がシェアした投稿 –

與儀さんのスタイルでは「優しめ、普通、激し目」と3段階に絵が分かれているらしく、今回問われたのは、そのどれで行くか。迷わず選んだのは「激し目」(激し目に見てかなり面白い形にすること)

数日後、出来上がったのがこちら!

Kristina Vogel

Fantastic!な出来栄え。フォーゲル自身も「こんなの貰ったことない!ありがとう。このリオのメダルの自撮りの写真も本当に好きな一枚なの」と喜んでもらうことができた。

前置きはここまでとして、世界最強の女性スプリンターに何が起こったのか、今はどうなのか、そして今後どうするのか。3部に渡り、NHK番組でも一部が放送されたインタビュー全容を是非チェックしてみてほしい。

【1/3】「二度と歩く事は出来ない、それが事実」クリスティーナ・フォーゲル、世界最強の女性スプリンターが選択する未来

【2/3】最強が故の苦しみと孤独/クリスティーナ・フォーゲル、世界最強の女性スプリンターが選択する未来

【3/3】トラック競技は生活の全てであり、人生そのもの/クリスティーナ・フォーゲル、世界最強の女性スプリンターが選択する未来

TAGS