【後編】渡邉一成インタビュー/超えねばならない“高い壁”

渡邉一成

・・・前編はこちら

【前編】渡邉一成インタビュー/とても難しいが、世界と戦う為には必要なこと

過去のオリンピックではメンタルの弱さから、実力を十分に発揮できなかった

渡邉選手はオリンピックを3回、世界選手権は2004年から数えて14回も出場をされていますが、記憶に残っているレースはありますか?

自分のモチベーションが最も高かったのは、2012年のロンドンオリンピックです。直前の世界選手権ではケイリンで決勝に乗っていたし、自分でもオリンピックの結果に期待をしていました。ただ出場した全てのオリンピックで緊張していたなと思います。

渡邉一成

ロンドン五輪 男子ケイリン敗者復活戦。渡邉選手はシェーン・パーキンス選手と対戦。

あの“オリンピック”という舞台へ立つと、今まで感じた事のない緊張があるのでしょうか?

そうですね。ただ、そこが自分のメンタルの弱い所です。脚力がある状態なのに実力を十分発揮できなかった。今までの世界選手権もそうですが、やはり緊張や不安、そして「勝たなければいけない」と思う自らのプレッシャー、そういう様々な要因で弱いところが自分の悪い所だと思います。これはブノワコーチも共通の認識事項です。

それを克服するためのトレーニングは行われているのですか?

ブノワコーチからは、僕とドイツのレビ選手(2009年のケイリンの世界チャンピオンを皮切りに様々なタイトルホルダー)は世界的に見ても経験を積んだ選手だから、展開のことで緊張する必要がないと言われています。レビはあの歳(今年31歳)でしっかり活躍していますし、その理由は行くべきタイミングを見て行けているし、自然に身体が動いているからだとも言われました。

Maximilian Levy

Maximilian Levy (GER)

緊張するという事は、行かなければいけないタイミングで身体が動けないという事なので、そこで経験を無駄にしている。とも言われています。なので自分のやってきた事を信じて躊躇なくいける精神状態でいなくてはいけませんね。

たしかに、レビ選手も現役選手のキャリアは長いですね。

そうなんですよ。僕の場合、思い返すと何も考えずに自然に動けていたのはロンドンオリンピック前。2012年の世界選手権の準決勝なんですよね。決勝ではもう「勝ちたい」って意識が働いていたから、受け身のレースになってしまい、結局何もしないで終わってしまいました。

渡邉一成

トラック世界選手権2012男子ケイリン決勝、マキシミリアン・レビと接戦でクリス・ホイが優勝。

勝ちたい気持ちが強く出てしまうレースは、良い時と、悪い時があるという事でしょうか?

勝ちたい・・・まあそうですね。何かプレッシャーに負けてしまうというか。例えば格下の選手が相手なのに、絶対に負けられないから逆に物凄く緊張してしまったり。ブノワコーチにもこの部分は指摘されています。

アワン選手(2017年のケイリン世界王者)とスプリントで対戦した時は、チャレンジャー精神で気持ちが楽に走れましたね。ただ、何となくどうすれば良いかが掴めてきてはいます。「格上相手だから身体が動く」じゃなく「どんな相手でも、同じフラットな気持ちで行かなきゃいけない」と痛感していますね。

渡邉一成

2018アジア選手権 男子スプリント決勝

肉体的には今が最高の状態だから、あと必要な事はメンタルトレーニング、ということでしょうか。

そうです。でも実はメンタルについてはロンドンオリンピック前から思っていた事でもあるんです。過去にメンタルコーチをつけた事もありますが、コーチとの相性が合わずに続かなかった。この点、今はブノワコーチがいます。たぶんナショナルチーム選手の誰にインタビューをしても同じような言葉を聞けると思いますが、ブノワコーチは「気持ちがついてきていない」と皆に言っています。

日本ナショナルチーム

気持ち、メンタルがこれまでの日本チームに足りない所だし、僕にとっても最も足りていない部分かなって思います。でも足りない部分がわかっていても、なかなか解決できない部分なんですよ。トレーニングでは克服できないモノかな?と思っています。

だからブノワコーチに「UCI Class1のレース等をもっと走って自信をつけたい」と伝えたことがあります。でも「お前にそんな必要はない」って言われましたね。そこでレビ選手の話をされました。

なるほど。そうなると、今後どのレースへの出場が必要なレースになってきますか?

8月にオリンピックポイントは関係ないのですがアジア大会があります。

アジア大会2018

ブノワコーチは「出ても出なくても良い。出たくなかったら代表に選ばないから言ってくれ」って言われていますね。でも今このチームで「出たくない」って言うのはリスクが大きいと思います。ですので誰が選考されるかでチームの力関係が判るとも思うので、アジア大会は出場して自分の力を試したいなって思っています。

「競輪」と「ケイリン」へ対するメンタルの違い

TAGS