【前編】「現実はオリンピックに出場できるか、できないかのレベル」沢田桂太郎選手インタビュー

沢田桂太郎

「お前本気でオリンピック出れると思ってるの?」を見返してやる

昨シーズン、日本ナショナルチームは男子トラックチームパシュート種目においてワールドカップで初のメダル獲得、アジア&日本記録を更新と大幅な躍進をみせた。

その1員、沢田桂太郎選手は日本大学へ通う大学生。スレンダーで長身の体型に纏うは柔和な笑顔。彼の温厚な人柄を表すかの様だが、その内には東京オリンピックへ向けた熱い情熱がある。

“俺が高校生で東京でのオリンピックが決まった時、俺に「お前本気でオリンピック出れると思ってるの?」って言ってたやつら見とけよ。”

これはアジア選手権でアジア&日本記録を更新した直後、沢田選手がSNSに投稿した言葉だ。彼は本気でオリンピックを目指し、そのための結果を出し続けている。

沢田桂太郎が、躍進の1年と、今シーズンをどう見据えているのかを訊ねた。

沢田桂太郎プロフィール

沢田桂太郎

1998年、宮城県出身。日本大学スポーツ科学部へ在学中。チーム ブリヂストン サイクリング所属。日本代表チームパシュートのメンバーとして出場した2017-18シーズンのトラックワールドカップ第4戦で日本史上初のメダル獲得。2018年アジア選手権ではアジア&日本記録を更新し優勝。愛称サワディー。

沢田桂太郎選手の関連記事

特別なことは何もない

まず、昨シーズンにイアン・メルビンコーチがナショナルチームに入り、日本としては大成功と言えるシーズンになったわけですが、沢田選手の目線で振り返ると、いかがでしたか?

振り返ると、何か特別なことをしたわけじゃありませんでしたね。基本へ忠実に「これをやればタイムがでる」っていうことを、ただひたすら繰り返す。その精度を高めていったら、あの結果になりました。

左から近谷涼、今村駿介、イアン・メルビン中距離ヘッドコーチ、一丸尚伍、沢田桂太郎

アジア選手権トラックで優勝。左から近谷涼、今村駿介、イアン・メルビン中距離ヘッドコーチ、一丸尚伍、沢田桂太郎

男子チームパシュート表彰式

2017-18トラックワールドカップ4戦で銀メダル

もともと脚はそこそこあったと思うんですよ。だからそれを研ぎすませていった結果、あのタイムになったというだけで。これからは体力的な方を高めていかなきゃな、と思っています。

では元々実力は備えていた、ということですか?

そうですね。多分そうだと思います!

他の選手も皆「特別なことはしていない」と言いますが・・・・

やっぱり、みんなそう言いますか?

イアンコーチが来て変わったこと、今までがあるから変われたこと

TAGS