夢追い人の実験場、2020年の先へ。新田祐大代表のDream Seeker(ドリームシーカー)設立ストーリー

新田祐大

2020年へ2年を切り、あらゆるスポーツ業界が東京オリンピックを目標に突き進む。しかし、スポーツ選手の人生はそこで終わらない。2020年は通過点、一つの起爆剤だ。

ドリームシーカーを立ち上げ、自らも東京オリンピックを目指し、競輪界のトップ選手であり続ける新田祐大選手。トップアスリートだからこそ見える世界、会える人、聞ける言葉がある。今、新田祐大の眼は何を映しているのか。

東京オリンピック後を見据え、Dream Seeker設立の経緯

新田祐大

2020年の先を見据え

ドリームシーカーを立ち上げた背景には、2020年の東京オリンピックに選手として出場できるようにドリームシーカーを活用していくためです。ただ、2020年以降も視野に入れた時に何をすべきなのか?東京オリンピックの前から、しっかりと形作りたいとも思っているんです。

ドリームシーカーの2本柱は“東京五輪に出場し、メダルを獲ること”、もう1つが“東京オリンピック後に、若手の育成など社会貢献として還元する”というものです。

チームの目的は、オリンピックと社会貢献

ドリームシーカー

ドリームシーカーには何人かの選手が所属をしていますが、全員が東京オリンピックを目指している訳でもありません。僕、深谷知広、小林優香、長迫吉拓、和田真久留は東京オリンピックを目指していますが、浅井(康太)さんはオリンピック出場が目的ではないものの、トラック競技で世界と戦おうとしている人です。

ドリームシーカーのメンバーは基本的に、僕が目を付けた選手をリクルートしてきます。もちろん自分から「入りたい」と言ってくれる人もいるのですが、入りたい理由がドリームシーカーの方針である“東京オリンピックを目指す”や“社会貢献”に当てはまらない事もあります。「公営競技の競輪で強くなりたい」という目的で来る人の方が多く、ドリームシーカーの目的はそこだけじゃない、という事はしっかりと話しをして理解してもらっています。

dream seeker

高校での講演活動

トラック競技で強くなる結果、もちろん競輪が強くなるという事もあります。ドリームシーカーへ入る目的が競輪で強くなる、でも良いのですが、「じゃあ競技はやらなくても良いので、若手育成などの社会貢献といった形で尽力して欲しい」と伝えると「余計な時間は使いたくない」と言う人もいます。意外とそういった時間が強くなるために必要な時間なのですが、それに気づいてもらえないことが多いです。

深谷知広選手の加入

深谷知広(ドリームシーカー)

深谷知広選手

深谷には僕から声をかけましたが、ドリームシーカーへ入り、自転車競技で東京オリンピックを目指すと決意するまでの行動は、彼自信が興味を持って動いた結果です。

以前に彼がナショナルチームから離れてしまった理由が、彼の理想とするチームではなかったのではないかと思い「チームを自分たちで作ることができれば、大変かもしれないけど自分たちの色でチームを染められる」という話をして、それで凄く興味を持ってくれたのだと思います。

結局、深谷はDream Seekerを立ち上げてから約1年後に加入となりましたが、加入する前も、自分で2016-17トラックワールドカップのロサンゼルス大会へ観に来たり「大会はこうでしたね」とか話をしてくるんですよ。それで「そこまで興味があるなら、やってみたら?」と話をしたところ「じゃあお願いします」って。そんな馴れ初めでした。

話が脱線しますが、深谷は“深谷商会”とも呼ばれています。僕はLOOKのL96というモデル(2012ロンドンオリンピック時代のモデル)に乗っていたのですが、それを見た深谷選手が「いつ新しいフレームを出すんですか?」と。「いや、これしか持ってない」と言ったら「え?冗談ですよね?」って。あれよあれよと後押しされ、気づいたら100万円くらいのフレームを買わされていました。これが深谷商会です(笑)

ドリームシーカーはナショナルチームの実験場

新田祐大

ドリームシーカーは、ナショナルチームで出来ない事を試す実験場だと思っています。ナショナルチームで実験的な事を行うのはなかなか難しいですが、実験も必要な事です。なので、僕らが色々と試し、それをナショナルチームへと還元していく、そういった相関関係があります。

夢追い人”Dream Seeker”

TAGS