2021年5月16(日)香港で行われた『TISSOT UCIネーションズカップ』第2戦の最終日、男子スプリントで新田祐大が優勝。2位には脇本雄太、3位に深谷知広と表彰台を日本人が独占する快挙を達成した。この大会は昨シーズンまでのワールドカップが名称を変更した大会でネーションズカップとなり、新田はワールドカップ/ネーションズカップでは日本人選手として史上初となるこの種目での優勝を果たした。

男子スプリントに今大会出場したのは日本人7人を含む計21人。日本からは、この種目で東京オリンピック日本代表に内定いている新田祐大と脇本雄太、そして日本タイトルホールダーでもあり世界トップのスプリンターの地位を築いている深谷知広、今大会がUCIの国際大会に初出場となる山﨑賢人、松井宏佑、新山響平、中野慎詞。海外勢からは国際大会常連のバシリー・レンデル(リトアニア)、アジア大会2018のケイリンで優勝したジャイ・アングスタサウイット(タイ)、そして前日に男子ケイリンで優勝を果たしたムハマド・ファディル(マレーシア)など。

ルールはこちら

【スプリント】トラック競技のルール解説・動画

今大会の勝ち上がり

予選→1回戦(予選12位~21)→2回戦(予選トップから11位はシード)→準々決勝→準決勝→決勝

予選+1回戦

予選は助走をつけた200mタイムトライアル。今大会は特別に上位11人までが2回戦、それ以外は1回戦へと進む。予選は脇本が9秒746でトップ通過を果たし、新田が2位で9秒781、3位には深谷と日本人選手6人が上位11人に入り2回戦へとシードを得た。松井だけは予選を12位として1回戦へと回ったが、1回戦でユソフ・モハマド(シンガポール)を破り、日本人選手全員が2回戦へと進む。

予選結果

JAPAN Onlyとなった準決勝

1/4 Page