2021年5月16(日)香港で行われた『TISSOT UCIネーションズカップ』第2戦の最終日、女子ケイリンで小林優香が優勝。2021年よりワールドカップからネーションズカップへと名称変更した最初の大会で、見事に金メダル獲得を果たした。女子ケイリンでワールドカップ、ネーションズカップを通じて金メダル獲得は史上初となる。

女子ケイリンに参加したのは日本人4人を含む計12人。東京オリンピック代表に内定している小林優香、ワールドカップ銀メダリストの太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング)、国際大会初参加となるチーム楽天Kドリームスから梅川風子と佐藤水菜が出場。海外勢は2019年の世界チャンピオン、リー・ワイジー(李慧詩)、日本のガールズケイリンに短期登録としてきていたエレナ・カサスロイヘ(スペイン)、そしてマダリン・ゴドビーなどが出場。

ルールはこちら

【ケイリン】トラック競技のルール解説・動画

今大会の勝ち上がり

1回戦(6人×2組、各組上位3着までが決勝へ)→決勝/7-12位決定戦

1回戦(日本人全員が決勝へ)

梅川だけが1組に入るが、この組にはリー・ワイジー(李慧詩)も含まれる。残り2周となり梅川が単独で先行すると、残り半周でリー・ワイジー(李慧詩)が加速し、最後は僅差となり梅川は2着。決勝進出を決めた。

2組は日本から3人(小林、太田、佐藤)が出場。
残り2周で佐藤が先頭、カサスロイヘが2番手、3番手に太田、5番手に小林。

残り1周を前に加速し始めた小林が全員を一気に捲くり、先着フィニッシュ。先行していた佐藤は2着。外から追い上げた太田が3着と日本の3人が決勝進出を決めた。

1回戦結果

元世界チャンピオン撃破の決勝

1/3 Page