決勝

前に太田、後ろに小林となって進むレースは終始ペースを上げていく形で進んでいく。残り1周となるところで後ろの小林が内側から攻めるが、その進路を阻み前を許さない太田。レースは太田がそのまま先頭でフィニッシュラインに駆け込み先着となった。

しかしレース後に残り1周の場面での走行が危険だったとして太田は降格。1本目は小林が得ることになった。

2本目は前に小林、後ろに太田の位置関係で始まるが、太田が内側から小林をバンク上部に押し付けるような形で並走して進んでいく。

残り1周半となったところで両者の間隔が少し空くと、小林がすかさずインへと切り返して前に出る。ここから一気にレースはペースアップし残り1周。

外から太田が並びかけるが、小林が内側で粘り、最終コーナーを回ると太田が失速。

小林が先にフィニッシュラインを駆け抜けて優勝を遂げた。

3位決定戦は梅川が勝利。

最終順位は以下の通り

優勝:小林優香
2位:太田りゆ
3位:梅川風子
4位:佐藤水菜

小林優香選手コメント

200mフライングタイムトライアルに関しては日本記録と自己ベストが出せたので、それはトレーニングのお陰と思っております。ですが、レースではまだまだ修正点があると思います。