競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

【結果まとめ】金メダル最多はイギリス 躍進見せたポルトガル/2020UECトラックヨーロッパ選手権

2020/11/18

欧州一を決める戦い

11月11日〜15日にかけて開催された「2020UECトラックヨーロッパ選手権」。

オランダやフランスなどは欠場するも、イギリスやドイツはもちろん、東欧諸国を中心に計21ヶ国がヨーロッパ王者/女王の称号を得るべく、ブルガリアの都市・プロヴディフに精鋭達が集った。

今大会で最も多く金メダルを獲得した国はイギリス。金銀銅メダル男女合わせて計11個(金6個、銀3個、銅2個)を勝ち取った。

男子中長距離、女子短距離は2024パリオリンピックを視野に入れた若手中心、女子中長距離は世界選手権、ワールドカップでもメダル獲得のある主力メンバーが出場し、実力を見せつけた。

金メダル獲得数2位には短距離種目でヨーロッパチャンピオンを量産したロシア。合計で13個(金5個、銀5個、銅3個)のメダルを獲得。

金メダル獲得数3位はイタリアの14個(金3個、銀7個、銅4個)。今大会ではイタリアが最も多くメダルを獲得した国となった。

またポルトガルがメダル総数6個(金2個、銀2個、銅2個)で4位に。22歳の若手ルイ・レイタオや、UCIワールドツアーチームにも所属するイボ/ルイ・オリベイラ兄弟、東京オリンピックにも出場予定のマリア・マルティンスなど、パリオリンピックを見据えた次世代選手たちの活躍も目立った。

男子短距離では2009年ケイリン世界王者のマキシミリアン・レビ(ドイツ)がケイリンとスプリント優勝で大会二冠。ベテラン選手としての実力と意地を見せた。

5日間の大会の模様はこちらから

メダルテーブル

順位 獲得メダル数(男子) 獲得メダル数(女子) 合計
1位 イギリス 4個(金2/銀1/銅1) 7個(金4/銀2/銅1) 11個
2位 ロシア 6個(金2/銀2/銅2) 7個(金3/銀3/銅1) 13個
3位 イタリア 5個(金0/銀3/銅2) 9個(金3/銀4/銅2) 14個

全メダルテーブル(PDF)

全リザルトまとめ

1/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。