競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

「鉄パイプで殴られ続けるよう」新田祐大が苦しみの果てに優勝・1kmTT/2020全日本自転車競技選手権大会 トラック

2020/11/08

悶絶する苦しみの末に優勝

2/3 Page

苦しみの果てに何が待つのか

今大会1kmタイムトライアルに出場したのは計20人。この種目の3連覇を目指す沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)、この種目に最も力を入れていると語った東京オリンピック代表内定の新田祐大(Dream Seeker Racing Team)。さらにナショナルAチーム所属の中野慎詞(Dream Seeker Racing Team)、短距離Bチーム全員が出場した。

レースはトラック3周のタイムで競われる。ホームとバックに分かれて10組がスタートする。

まず注目を集めたのは小原佑太と中野慎詞が出走した第6組。どちらも第5組までに記録されたタイムを更新しながらフィニッシュラインへと向かう。フィニッシュタイムは中野が1分2秒011、小原は1分2秒260とし、この日の1番時計と2番時計を記録した。


その後の第7組には、今大会スプリントで準優勝など成長が著しい山崎賢人が出走。第8組には新山響平荒川仁が出走するも中野と小原のタイムの更新はならず。




ついに新田祐大が出走

2/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。