競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

ブリヂストン大差の優勝、男女チームパシュート決勝/2020全日本自転車競技選手権大会 トラック

2020/11/06

男子チームパシュート/2020全日本選手権トラック

2020年11月5日から8日にかけて、群馬県前橋市・グリーンドーム前橋で開催の『2020(第89回) 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(エリート・パラサイクリング)』。初日の5日には男女それぞれのチームパシュート種目が実施された。

男子はチームブリヂストンサイクリング(沢田桂太郎/橋本英也/近谷涼/孫崎大樹)が、そして女子ではチームケイドリームス2(中村妃智/古山稀絵/上野みなみ/鈴木奈央)が優勝。

これまで世界選手権等の国際舞台で活躍してきたメンバーらが躍動する結果となった。

チームパシュートのルール/勝ち上がり

1チーム4人で4kmを走る。チームの3人目がフィニッシュしたタイムがチームのタイムとなり順位が決定する。

今大会の勝ち上がりは予選(4チームが通過)→メダル決定戦。予選の1位と2位が決勝へ。予選3位と4位が3位決定戦へと進む。

ブリヂストンが貫禄の走り

エントリーは全7チーム。明治大学、日本体育大学、日本大学、朝日大学、鹿屋体育大学、鹿児島自転車競技連盟、そして現日本記録を持つチームブリヂストンサイクリング。

予選はチームブリヂストンサイクリングが沢田桂太郎橋本英也近谷涼孫崎大樹の布陣で臨み、フィニッシュタイムは4分7秒258。予選2位の朝日大学(棚瀬義大/安達光伸/日比野丈/ 枝村弘樹)を7秒近く引き離す大差で決勝進出を決めた。

予選結果(上位4チーム)

1位)チームブリヂストンサイクリング:4分7秒258
2位)朝日大学:4分14秒183
3位)日本大学:4分16秒002
4位)鹿児島県自転車競技連盟:4分16秒732

決勝

1/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。