短距離チーム 4年間の軌跡

※ワールドカップ・世界選手権・アジア選手権・アジア大会成績のみ

2017年 脇本が初の金

男子ケイリン、金メダル脇本雄太

男子ケイリン、金メダル脇本雄太

大会名 結果
アジア選手権トラック2017
(2017年2月)
男子スプリント 河端朋之 2位/脇本雄太 3位
男子ケイリン 脇本雄太 優勝/渡邉一成 2位
男子チームスプリント 3位(渡邉・雨谷一樹・河端)
女子ケイリン 前田佳代乃 3位
女子チームスプリント 3位(前田・太田りゆ)
2017-2018UCIトラックワールドカップ第4戦
(2017年12月)
男子ケイリン 脇本雄太 優勝

2017-2018UCIトラックワールドカップ第4戦にて、ケイリンアジア王者でもある脇本雄太が、男子ケイリンにて自身初となるトラックワールドカップ金メダルを獲得。

強豪を下し、脇本雄太が初のワールドカップ金メダル/2017-18トラックワールドカップ4戦男子ケイリン

2017年メダル総獲得数:8個

2018年 快挙続きの年に

河端朋之

アジア選手権トラック2018
(2018年2月)
男子スプリント 渡邉一成 優勝
男子ケイリン 河端朋之 優勝
男子1kmTT 深谷知広 優勝
男子チームスプリント 2位(渡邉・河端・長迫吉拓)
女子チームスプリント 3位(前田・太田)※日本記録更新
UCIトラック世界選手権2018
(2018年2月)
男子ケイリン 河端朋之 3位
2018アジア大会
(2018年8月)
男子スプリント 深谷知広 2位
男子ケイリン 新田祐大 2位
男子チームスプリント 3位(雨谷・新田・深谷)
2018-2019UCIトラックワールドカップ第1戦
(2018年10月)
男子ケイリン 脇本雄太 優勝
2018-2019UCIトラックワールドカップ第3戦
(2018年12月)
女子ケイリン 小林優香 3位

2018年2月に男子ケイリンにてアジア王者となった河端朋之が、約1週間後に出場したUCIトラック世界選手権2018男子ケイリンにて、日本人選手として25年ぶりとなる銀メダルを獲得。

【レース詳報】河端朋之が強豪を抑え銀メダルのケイリン/トラック世界選手権2018

2018-2019シーズン、ワールドカップ第1戦で脇本がケイリンにて2度目の金メダル、第3戦では小林優香が女子ケイリンにて3位。日本が徐々に存在感を増し、ヨーロッパの強豪たちと肩を並べ始める。

2018年メダル総獲得数:11個

2019年 メダル常連国に

2/4 Page