UCIネーションズカップ第2戦では女子スプリントでは東京2020オリンピック、チームスプリント金メダリストを撃破し太田りゆがベスト8に進出する躍進を見せた。小林優香、佐藤水菜は2回戦に進出、梅川風子は1回戦で小林優香に敗れて2回戦進出はならず。

優勝は2021世界チャンピオンのエマ・ヒンツェ。地元カナダ、東京2020オリンピックチャンピオンのケルシー・ミシェルとの頂上決戦を制して大声援に応える形となった。ヒンツェは前日のチームスプリントに続いて2冠を達成。

スプリントのルールはこちら

200mフライングタイムトライアル(予選)

まずは東京オリンピックで小林優香が出した日本記録(10秒711)の更新が期待された日本の選手たち。

結果は以下の通り:

太田りゆ OHTA Riyu, JPN, Qualifying, Women's Sprint, 2022 Track Nations Cup, Milton, Canada

太田りゆ(10秒837)11位

小林優香 KOBAYASHI Yuka, JPN, Qualifying, Women's Sprint, 2022 Track Nations Cup, Milton, Canada

小林優香(10秒888)13位

佐藤水菜 SATO Mina, RKD, Qualifying, Women's Sprint, 2022 Track Nations Cup, Milton, Canada

佐藤水菜(10秒928)16位

梅川風子 UMEKAWA Fuko, RKD, Qualifying, Women's Sprint, 2022 Track Nations Cup, Milton, Canada

梅川風子(11秒012)20位

予選トップは東京オリンピックの金メダリスト、ケルシー・ミシェル(カナダ)で10秒374。

2位に2021世界チャンピオンのエマ・ヒンツェ(ドイツ)で10秒560。

ケルシー・ミシェル MITCHELL Kelsey, CAN, Qualifying, Women's Sprint, 2022 Track Nations Cup, Milton, Canada

ケルシー・ミシェル(カナダ)

エマ・ヒンツェ HINZE Emma, GER, Qualifying, Women's Sprint, 2022 Track Nations Cup, Milton, Canada

エマ・ヒンツェ(ドイツ)

予選結果PDF

1回戦 日本人対決 小林vs梅川

1/3 Page