競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

スタートからハードなステージ、ペイヨ・ビルバオは総合2位をキープ ジロ・デ・イタリア2020 第6ステージ/TEAM ユキヤ通信2020 №48

2020/10/09

新城幸也 ジロ2020 第6ステージ photo Miwa IIJIMA

10月3日に開幕した第103回ジロ・デ・イタリア。Team ユキヤ通信より、新城幸也選手(チーム バーレーン・マクラーレン)の第6ステージ結果とコメントが届いた。

ペイヨ・ビルバオは総合2位をキープ

第6ステージはカテゴリーが付かない10kmの登りでスタート。フィニッシュまで20kmのところで3級山岳を越え、サッシと呼ばれる洞窟住居がある世界遺産の町・マテーラでフィニッシュする188km。

新城選手は80位でフィニッシュ。チーム バーレーン・マクラーレンのエース、ペイヨ・ビルバオの総合2位を守った。

「尚、一層に気を引き締めて」

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。