ロードチーム存続の危機 今後の展望は?プロチームの状況まとめ

見えない未来

BRUSSELS, BELGIUM - JULY 07: Podium / Mike Teunissen of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / Steven Kruijswijk of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / George Bennett of New Zealand and Team Jumbo-Visma / Laurens De Plus of Belgium and Team Jumbo-Visma / Dylan Groenewegen of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / Amund Grondahl Jansen of Norway and Team Jumbo-Visma / Tony Martin of Germany and Team Jumbo-Visma / Wout Van Aert of Belgium and Team Jumbo-Visma / Eddy Merckx of Belgium Ex pro-cyclist / Philippe Close of Belgium Brussels Mayor / Raymond Poulidor of France Ex Pro-cyclist / Celebration / The Atomium Brussels / Press / Media / during the 106th Tour de France 2019, Stage 2 a 27,6 Team Time Trial stage from Bruxelles Palais Royal to Brussel Atomium / TTT / TDF / #TDF2019 / @LeTour / on July 07, 2019 in Brussels, Belgium. (Photo by Tim de Waele/Getty Images)

Photo by Tim de Waele/Getty Images

これらのチームの他にも、ロット・スーダルは3月よりスタッフ25人を一時的に解雇、そしてレース再開まで27人の選手は無給、ミッチェルトン・スコットは4月より男女チームの選手&スタッフの給与を約70%カット、そのほか日本の新城幸也も所属するバーレーン・マクラーレンも給与削減など、多くのプロチームが経費削減せざるを得ない状況に陥っている。

また、今年で契約が終わる選手の移籍や、来年エリートカテゴリーへと上がる若手選手達のキャリアも不透明なまま。今後の各チームスポンサーの経営や、UCIによるチーム・選手支援の措置にも注目が集まる。

TAGS