相次ぐレースの出場辞退、ミラノ〜サンレモも延期… ワールドツアーレース開催の行方は?

Photo by Tim de Waele/Getty Images

2月末から3月頭にかけて開催された2020UCIトラック世界選手権が無事閉幕も、同時期に開催されていたUCIワールドツアーレース「UAEツアー」の大会期間中には、大会関係者数名が新型コロナウイルスへの感染を確認された。

これにより、3月4日にUCIで今後のレース開催可否に関する会議が行われ、開催予定のレースは条件付きでの開催が可能となった。

しかしイタリアで開催されるレースにおいては、スポーツイベント開催を禁止する大統領令が出されたことにより、イタリアで開催予定の全ワールドツアーレースは開催未定の状態ともなっている。既に3月7日から開催予定であったストラーデ・ビアンケ、3月21日からのミラノ〜サンレモは延期が発表されている。

UCIのプレスリリースを元に、今後の行方を辿ろう。

暗雲が立ち込めるレースの開催

3月7日にイタリアで開催予定であった「ストラーデ・ビアンケ」が延期となっただけでなく、ワールドツアーチームの中には出場辞退を表明するチームも現れている。

イタリア自転車競技連盟が5日に発表したプレスリリースでは、イタリア政府の大統領令により「一部の地域を除き、あらゆる種類および分野のスポーツイベントの開催を禁ずる」と記された。

現在イタリア国内で3月中の開催が予定されているワールドツアーレースは以下の3つ

現段階で開催未定となっているワールドツアーレースはイタリアのみだが、パリ〜ニース(フランス、3/8〜15開催)に出場辞退を表明したチームもあり、コロナウイルスの感染が拡大しつつあるフランスも、レース開催へ暗雲が立ち込めている。

「条件付き」で通常通り開催

TAGS