マルコ・カノラ選手「雨でもコーナーを攻めきれたのが勝因」、ジャパンカップ入賞者インタビュー&観戦記

ダヴィデ・ヴィレッラ選手(キャノンデール・ドラパック)

ロードレースは大雨から、短縮しての開催

【速報】ジャパンカップ、マルコ・カノラが史上初の完全優勝、雨澤がU23&アジア最優秀選手賞

スタート後の強烈な坂

ジャパンカップ2017ロードレース

大会初日のクリテリウムに続き、2日目は本戦のロードレース。高低差185mのコースを14周する予定でしたが、前日から続く雨により周回数は10周へと短縮して開催されました。

その他のジャパンカップ関連記事

レースには69人の選手が出走。ジャパンカップロードレースの特徴は、何と言ってもスタート直後から待ち構える急勾配の登り坂。自転車に乗らない人にしたら「ここを自転車で漕いで登るの・・・?」という程の、押して歩きたくなる急な上り坂です。

また、雨のレースは滑りやすい路面、視界の悪さから落車が発生しやすくなります。数年前には、NIPPO・ヴィーニファンティーニ、ダミアーノ・クネゴ選手が下りで落車し、リタイアということもありました。

ロードレース観戦は場所を移動しながら

ジャパンカップ2017ロードレース

ロードレースも周回コースとはいえ、一周10kmもあり、観客たちは観戦場所を変えながらレースの行方を見守ります。こうすることで、上り坂の勝負ポイントを含め、色々な場所でロードレース観戦することができるのです。

とは言え、この日は豪雨。レースをする選手もですが、観戦する側にとっても非常に過酷な天候でした。

アルベルト・コンタドール選手がゲリラ的にサイン会

ジャパンカップ2017ロードレース

ジャパンカップでの楽しみはレースだけでなく、各ロードバイク・ウェアメーカーが出店するブースを回ることにもあります。中には、チームの選手が突然スポンサーのブースでゲリラ的にサイン会を行うことも。スタート前やゴール後も気が抜けません。

今年はアルベルト・コンタドール選手が、激しい雨の中駆けつけてくれた日本のファンのためにと、トレック・セガフレードのブースで写真撮影&サイン会を開催。多くの人が詰めかけました。

ヴィレッラ、カノラ、初山、西薗…

TAGS

Related Articles