【速報】イタリアが圧倒のワン・ツー、 ワールドツアー勢が表彰台独占『READY STEADY TOKYO 2020』ロードレース

READY STEADY TOKYO 2020

参考:READY STEADY TOKYO 2020 ライブ配信http://www.livepf.jp//

2020年東京オリンピックに向けてテストイベントとして開催された『READY STEADY TOKYO 2020』自転車競技ロードレース。

東京の市街地を超え、道志みちや富士山周辺道路などを経由する179kmの4時間以上に及ぶ過酷なコースを制したのはディエゴ・ウリッシ(イタリア/UAE・チームエミレーツ)。レース中盤の明神峠にて単独で飛び出し独走の末の優勝となった。その追走に入ったダビデ・フォルモロ(イタリア/ボーラ・ハンスグローエ)が17秒差の2着でフィニッシュ。イタリア勢によるワン・ツーフィニッシュという結果に。

ウリッシから1分52秒遅れでナンス・ペテルス(フランス/AG2R・ラ・モンディアル)が3着に入り、ワールドツアーチームが表彰台を独占した。

速報リザルト

順位名前チーム名タイム
1位ディエゴ・ウリッシイタリアナショナルチーム/UAE・チームエミレーツ4時間50分53秒
2位ダビデ・フォルモロイタリアナショナルチーム/ボーラ・ハンスグローエ+17秒
3位ナンス・ペテルスフランスナショナルチーム/AG2R・ラ・モンディアル+1分52秒

リザルト参考:First Cycling

READY STEADY TOKYO 2020 ロードレース大会ホームページ

朝からお祭り騒ぎ!?『READY STEADY TOKYO2020』ロードレース スタート会場潜入レポート

TAGS