週末は観戦へ!東京オリンピックプレ大会『READY STEADY TOKYO 2020』ロードレース プレビュー

2019全日本選手権ロードレース

遂に開催まであと1年と迫った東京オリンピック。その試験イベントとして、7/21(日)に開催されるのが「READY STEADY TOKYO」またの名を東京オリンピックプレ大会。

街中を封鎖した大規模な交通規制をし、世界中から各国ナショナルチームが来日して開催される本格的なロードレースだ。本大会における概要、及び注目国&選手についてご紹介していく。

東京〜神奈川〜山梨〜静岡を横断する過酷なコース設定

東京都府中市の武蔵の森公園からスタート。東京・神奈川のサイクリスト達にとって馴染みのある南多摩尾根幹線(通称:尾根幹)や市街地を走り、神奈川県相模原市道志みちを経由しながら富士山周辺の特設周回コースを通過。富士スピードウェイがフィニッシュとなる起伏の多い179kmの山岳コース。2020年の本番は234kmだが、今大会は本番から一部変更のコース設定となっている。

2020年本番のコースはこちら↓

獲得標高4,865mの難関、東京オリンピックのロードレースコース発表

ワールドツアー来日の注目国&出場選手

TAGS

Related Articles