波乱の幕開け!「ツール・ド・フランス2019」開幕直後第1・第2ステージのまとめをサクッとお届け

BRUSSELS, BELGIUM - JULY 07: Podium / Mike Teunissen of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / Steven Kruijswijk of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / George Bennett of New Zealand and Team Jumbo-Visma / Laurens De Plus of Belgium and Team Jumbo-Visma / Dylan Groenewegen of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / Amund Grondahl Jansen of Norway and Team Jumbo-Visma / Tony Martin of Germany and Team Jumbo-Visma / Wout Van Aert of Belgium and Team Jumbo-Visma / Eddy Merckx of Belgium Ex pro-cyclist / Philippe Close of Belgium Brussels Mayor / Raymond Poulidor of France Ex Pro-cyclist / Celebration / The Atomium Brussels / Press / Media / during the 106th Tour de France 2019, Stage 2 a 27,6 Team Time Trial stage from Bruxelles Palais Royal to Brussel Atomium / TTT / TDF / #TDF2019 / @LeTour / on July 07, 2019 in Brussels, Belgium. (Photo by Tim de Waele/Getty Images)

Photo by Tim de Waele/Getty Images

いよいよ開幕した「ツール・ド・フランス2019」。絶好調のチーム・ユンボビスマがレースを支配した第1・第2ステージのレポートをお届けしていく。

【第1ステージ】波乱の幕開け

ツールドフランス2019

第1ステージを制したマイク・テウニッセン(参考:サイクルヨーロッパジャパン株式会社)

第1ステージはベルギーの首都ブリュッセルからスタートし、再びブリュッセルへと戻ってくる平坦基調の194.5km。落車が多発し、個人総合(最も少ないタイムでパリにたどり着いた選手へ与えられる賞)狙いのヤコブ・フルサング(アスタナ・プロチーム)など、有力選手も落車に巻き込まれる波乱の展開に。

フィニッシュまで残り1.5km地点で発生した落車にチーム・ユンボビスマのエーススプリンター、ディラン・フルーネウェーヘンも巻き込まれる。しかし、ゴールスプリントではそのチームメイトであるマイク・テウニッセンが、ペテル・サガンと写真判定に持ち込むほどのスプリントを制し、ツール初優勝を飾った。

【第2ステージ】イエローチームが2日連続イエロージャージ獲得

ツールドフランス2019

マイヨ・ジョーヌ擁するチーム・ユンボビスマがビアンキ アクイラCV(Aquila CV)で駆け抜ける(参考:サイクルヨーロッパジャパン株式会社)

続く第2ステージは、個人総合成績狙いのチームにとっては気の抜けない27.6kmのチームタイムトライアル。各チーム5分毎にスタートし、チーム内で4番目にフィニッシュした選手のタイムがリザルトとなる。

チーム・イネオスが第1走者として出走し、29分17秒を記録。チーム・イネオスが暫定1位のままレースは進んだが、個人総合成績トップのテウニッセン擁するチーム・ユンボビスマが最終出走チームとして出走し、チーム・イネオスに20秒の差をつける28分57秒で優勝。2日連続でチーム・ユンボビスマが優勝を飾り、個人総合成績も1位〜5位を独占した。

第2ステージ終了後総合成績一覧

TAGS