チームとしてのオーダーは「無し」・・・選手たちはどう戦う?/U23 ロードナショナルチーム 欧州遠征第4戦

小野寺慶、福田圭晃 Grand Prix Scieur-Lambot

小人数で集団から抜け出しをはかる小野寺と福田。彼らの積極性が目立った。

U23ロードナショナルチームはベルギーで開催されたGrand Prix Scieur-Lambotへ参戦した。

失敗を繰り返して「形」から「成果」に/U23 ロードナショナルチーム 欧州遠征第3戦

U23欧州ベルギー遠征 第4戦
3月24日
Grand Prix Scieur-Lambot
8.3km X 14周回 出走93名

福田 圭晃 59位
冨尾 大地 57位
小野寺 慶 DNF

積極的にアタックを仕掛けるも・・・

蠣崎、松田、大町は疲労の回復とコンディショニングの立て直しを行うために不参加とし、福田、冨尾、小野寺の3名が参加した。

前2レースは大きなレースが続いていて思うような走りができなかったが、今回はチームからのオーダーを無しとし、個々の課題に対し目標を立てて走った。

このエリアは丘陵地帯で8.3㎞の周回中にも小さな丘が3~4か所ある。しかしそのどれもアウターでいけてしまう程度の緩い丘で集団が分断することは無かった。

小さなアタックが繰り返され、福田、小野寺、冨尾も積極的に反応していくが大きな集団のままレースは進んだ。レースが折り返しとなった頃に6名が集団から抜け出した。このアタックは小野寺のアタックを起点に作られたが、小野寺はすぐに遅れてしまった。
さらに8名の追走ができるが、ここにもジャパンからは誰も加わることはできなかった。

追走の8名が先頭集団の6名を吸収し14名の先頭集団となり、メイン集団は50名以上の大集団のまま進み、それでもジャパンは積極的に抜け出しをはかった。小野寺がメカトラでラスト2周でリタイヤとなる。冨尾と福田は集団でフィニッシュとなった。

逃げに加わる為にはアタックをしなければ逃げに加わることはできないし、百戦錬磨の選手を相手に逃げに加わることは簡単な事では無い。しかし逃げに加わることができずにアタックが失敗だったとしても、その原因を考え、修正を繰り返しながらも失敗を恐れずにチャレンジして欲しい。

小野寺「もう力任せの子どもの走りじゃ勝てないと実感」

小野寺選手は

「中学3年の頃からベルギーでレースを走っていますが、これまでは力任せでアタックすれば逃げを決める事ができましたが、U23+エリートのカテゴリーでは力も展開も「大人のレース」だと感じました。みな冷静に反応してくるし、パワーの違いも感じていますが頑張ります」

と振り返っている。

TEXT:JCF

TAGS