盤石の集団コントロールで個人総合ジャージをキープ/BIWASE CUP2019 stage6

BIWASE CUP Stage6

3月8日から16日まで9ステージで行なわれるBIWASE CUP2019。

樫木祥子、メカトラに見舞われ山岳賞を失うも個人総合リーダーを守りきる/BIWASE CUP2019 stage5

Stage6は緩やかなアップダウンこそあるものの、ほぼ平坦の110kmのコースで行われた。日本チームは逃げ集団の見極めと力の使い所を考えることを重要視。樫木、金子の個人総合順位を守る走りに徹することを確認してスタートした。

上野・石上を中心にコントロール

スタートから多くの攻撃が続くが集団は一つのまま進んで行く。20km地点で石上が落車、今大会BIWASEチームで走る個人総合3位の牧瀬翼も巻き込まれたが時間をかけて集団復帰する。70km手前から個人総合6位で昨年の個人総合優勝者のNguyen Thi Thiがアタック合戦の中から単独で抜け出し、集団にタイム差をつける。個人総合リーダーの樫木から2分51秒遅れの選手のため、ステージ優勝を狙いたいタイナショナルチームと共に日本チームは慌てることなく上野、石上が集団コントロールに入る。

ラスト20kmでタイム差は1分30秒となったが、Nguyen Thi Thiに個人総合4位、5位の順位が奪われる可能性のあるチームはこの攻撃には無関心なため、引き続き日本とタイの2チームで集団牽引する。
Nguyen Thi Thiはラスト5kmで吸収され、レースは集団スプリントへ。タイナショナルチームのJutatip Maneephanが切れのあるスプリントでこの日もゴールを制した。

日本のチーム力

日本チームは上野が中心となり石上、唐見が危険な逃げを許さず、樫木、金子もフォローしながら最後は上野、石上がタイとともに集団をコントロールして個人総合順位を守った。U23の1年目でステージレース経験のない石上は、今日のステージでは落車しながらも落ち着いた走りを見せて、連日集団コントロールに入り続けて日本チームの大きな力となっている。

明日はクリテリウムのため日本チームは個人総合に関係のある逃げだけに注意してリラックスして臨む。

Stage6 レース結果

1 Jutatip Maneephan (タイ) 2時間39分43秒
2 Lee Eunhee (韓国) 同タイム
3 Lee Joohee (韓国) 同タイム
17 樫木祥子 (日本ナショナルチーム)同タイム
19 金子広美 (日本ナショナルチーム) 同タイム
25 唐見実世子 (日本ナショナルチーム) 同タイム
56 石上夢乃 (日本ナショナルチーム) 同タイム
58 上野みなみ (日本ナショナルチーム) 同タイム

Stage6終了時 個人総合成績

1 樫木祥子 (日本ナショナルチーム) 15時間33分30秒
2 金子広美 (日本ナショナルチーム) 29秒差
3 牧瀬翼 (BIWASE) 34秒差
19 唐見実世子 (日本ナショナルチーム) 9分7秒差
38 上野みなみ (日本ナショナルチーム) 17分31秒差
52 石上夢乃 (日本ナショナルチーム) ※大会特別ルールによりリタイアした選手も2回までは翌ステージが走れるが、タイムはつかず

(文:JCF強化コーチ 柿木孝之)

TEXT:JCF

TAGS

Related Articles