2022年ロード世界選手権オーストラリア・ウロンゴンで開催

ウロンゴン

UCI(国際自転車競技連合)は2022年UCIロード世界選手権の開催地を、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・ウロンゴンに決定したと発表した。オセアニア地域での開催は2010年のジーロン〜メルボルン以来2度目。

ウロンゴンはシドニーの南西約100kmに位置し、人口29万人。シドニー、ニューカッスルに続きニューサウスウェールズ州で3番目の規模を持つ都市。

史上初の複数種目で同時開催となる2023年を除き、2024年までのロード世界選手権開催地が決定。2025年は史上初のアフリカ大陸で開催が予定されている。

関連記事:世界選手権2020〜2024年の開催地が発表、2023年は初の複数種目を同時開催、ロードは2025年にアフリカ

2019年〜2024年ロード世界選手権開催地

2019年:イギリス・ヨークシャー
2020年:スイス・ヴォー州/ヴァレー州
2021年:ベルギー・フランダース地方
2022年:オーストラリア・ウロンゴン
2023年:未定
2024年:スイス・ドイツ語圏

TAGS