世界選手権2020〜2024年の開催地が発表、2023年は初の複数種目を同時開催、ロードは2025年にアフリカ

Matthew Glaetzer (AUS)

2018 UCIロード世界選手権が行われているオーストリア・インスブルックで、UCI(国際自転車競技連盟)の会合が開かれ、2020年から2024年までに行われるUCI世界選手権の開催地が決定された。

2023年は史上初の同時複数種目で開催

2025年のUCIロード世界選手権は初のアフリカ開催がアナウンスされ、現在は数カ国と調整を行っているという。

また、2023年のUCI世界選手権も史上初、ロードレース・MTB(クロスカントリーオリンピック、クロスカントリーマラソン、ダウンヒル)・トラック競技・BMXレース・アーバンサイクリング(BMXフリースタイルパーク、トライアル、MTBエリミネーター)・パラサイクリング(ロードレース、トラック競技)・室内自転車競技・グランフォンドの複数種目で同時開催される。この開催地は、次回の会合で決定される予定だ。

ロードレース

2020年:スイス・ヴォー州/ヴァレー州
2021年:ベルギー・フランダース地方

トラック競技

2021年:トルクメニスタン・アシガバート

BMX

2021年:オランダ・パペンダル

MTB

2021年:イタリア・ヴァル ディ ソーレ
2022年:フランス・レ ジェ
2024年:アンドラ・アリンサル

パラサイクリング

2024年:スイス・ドイツ語地域

参照:The UCI awards a record number of World Championships for the period 2020-2024

TAGS