穏やかな展開は嵐の前の静けさか?/ツール・ド・ラヴニール第8ステージ

2018ツール・ド・ラヴニール第8ステージ

引用:JCF

2018年8月17日(金)〜8月26日(日)フランス・ブルターニュ地方からアルプスにて開催中のジュニアネーションズカップ「ツール・ド・ラヴニール」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。
石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)/山本大喜(KINAN Cycling Team)/松田祥位(EQADS)/渡辺歩(Team cycliste Morning)/大前翔(慶應義塾大学)/大町健斗(Team EURASIA-TIRE)】

関連記事:いよいよ山岳ステージへ突入/ツール・ド・ラヴニール第7ステージ

当初は激しい展開が予想されたが・・・

山岳ステージ2日目は81kmと距離は短いが、1級山岳を越えた後の2級山岳で登りゴールになっている。そのため、個人総合争いのではタイム差を狙う激しい展開が予測されたが、途中各チームが伏兵を逃がす展開で、レースは高速ではあるが割と穏やかな様相で進んだ。

1級山岳で逃げはすべて吸収され、その後に飛び出したスイスのMADERが、後続と15秒の差で逃げ切り単独ゴールとなった。日本勢3人は、トップから10分前後遅れの各小グループでのゴール。明日の第9ステージは、今日大きな動きが無かった分、最も厳しいステージになることが予測される。

競技結果

1位 MÄDER Gino(スイス)
2位 SOSA CUERVO Ivan Ramiro(コロンビア)
3位 STANNARD Robert(オーストラリア)
90位 山本大喜(日本)
102位 大前翔(日本)
121位 渡辺歩(日本)

TEXT:浅田顕

原文:JCF

ジュニアネイションズカップの関連記事

TAGS