いよいよ山岳ステージへ突入/ツール・ド・ラヴニール第7ステージ

2018ツール・ド・ラヴニール第7ステージ

引用:JCF

2018年8月17日(金)〜8月26日(日)フランス・ブルターニュ地方からアルプスにて開催中のジュニアネーションズカップ「ツール・ド・ラヴニール」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。
石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)/山本大喜(KINAN Cycling Team)/松田祥位(EQADS)/渡辺歩(Team cycliste Morning)/大前翔(慶應義塾大学)/大町健斗(Team EURASIA-TIRE)】

関連記事:大前翔が連日健闘!/ツール・ド・ラヴニール第6ステージ

総合順位に大きな変化

山岳ステージ初日は1級山岳を2つ登る35.4kmのショートステージ。

スタートからコロンビア勢のペースアップで、先頭グループは最初の1級山岳で40名に絞られた。登りゴールとなる2つ目の1級山岳でも破壊的なペースアップが続いた末、個人総合優勝候補のSOSA(コロンビア)が僅かな差でMCNULTY(アメリカ)を下してステージ優勝し、同タイムステージ3位のPOGACAR(スロベニア)が総合リーダーに立った。

日本チームの3選手は無事規定時間内でゴールを果たし第8ステージに繋げた。たった35kmの山岳ステージだたため、遅れながらも全力でゴールした5名の選手が残酷にもタイムアウトとして除外されている。

競技結果

1位 SOSA CUERVO Ivan Ramiro(コロンビア)
2位 MCNULTY Brandon(アメリカ)
3位 POGACAR Tadej(スロベニア)
118位 山本大喜(日本)
125位 渡辺歩(日本)
135位 大前翔(日本)

TEXT:浅田顕

原文:JCF

ジュニアネイションズカップの関連記事

TAGS