大前翔が連日健闘!/ツール・ド・ラヴニール第6ステージ

ラヴニールday6

引用:JCF

2018年8月17日(金)〜8月26日(日)フランス・ブルターニュ地方からアルプスにて開催中のジュニアネーションズカップ「ツール・ド・ラヴニール」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。
石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)/山本大喜(KINAN Cycling Team)/松田祥位(EQADS)/渡辺歩(Team cycliste Morning)/大前翔(慶應義塾大学)/大町健斗(Team EURASIA-TIRE)】

関連記事:リーダージャージ含め相次ぐ落車、大前翔15位に!/ツール・ド・ラヴニール第5ステージ

スタート前

引用: JCF

スプリンターたちによるアタック合戦

第6ステージは最後の平坦ステージ。スタートから逃げを決めたい平坦系選手のアタック合戦が始まり、ペースが上がる。幾度か逃げが出来かけては吸収される展開のなか、約70km付近で形成された9名が先行態勢を作る。

集団はポルトガルなどのコントロールにより、逃げとの差が2分前後で後半へ進んだ。先頭にはデンマーク3名らの機関車的選手が入っていたため、最後は僅か5秒の差で先行グループが逃げ切った。

昨日に続き好順位の大前、力尽きた松田

集団では山本と大前が終始連携し、スプリントでは大前が17位でゴール。昨日に続いて好順位を残した。渡辺は昨日の落車の影響もあり調子が悪かったため、補給サポートに徹し、暑い中チームカーと好位置につける選手間を何往復もしてチームを助けた。第6ステージまでの展開内容を課題としてきた松田は、逃げに乗る最後のチャンスと意気込んでアタック合戦に粘り強く参加したが、中盤には力尽きて途中リタイヤとなった。

明日からは山岳ステージが始まる。これより残る3名で第10ステージまで走り切りたい。

競技結果

1位 COVI Alessandro (Italy National Team)
2位 DOWNEY Mark (Ireland National Team)
3位 GUGLIELMI Simon (France National Team)
17位 大前翔 (Japan National Team)
89位 山本大喜 (Japan National Team)
134位 渡辺歩 (Japan National Team)
松田祥位は途中棄権

スタート

引用: JCF

TEXT:浅田顕

原文:JCF

ジュニアネイションズカップの関連記事

TAGS

Related Articles